スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原稿ができるまで

ぺんぺん草の原稿で、

まず、書こうと思った題材が
「souちゃんの剣道」と「銀魂」を
かけた「武士道」であったため、

武士道とは何かをちょっと本格的に知る
必要があると思い、

本屋で見つけた『武士道』という文庫本と
司馬遼太郎の名言集の様な類の文庫本を買った。

あとで、よく見ると、

『武士道』を書いたのは、あの5000円札の
新渡戸稲造だった。。。

ネットで調べたところ、この本はおおいに
役立つと思い、拾い読みをしたり、
この本についての所見を調べてみた。

それから、神戸新聞のコラムで、
「剣道の成立」について書いたものを
発見したので、切り抜いて保管。
これも役立つ。

それから、さらに
朝日新聞のコラムで「歴女」の話を読み、
おおっ!これは打って付けと、
「歴女」について調べる。
「草食男子」とともに
昨年の流行語・新語大賞に入っていた。
これは使える!

そして、志士について、調べているとき、
「草奔崛起」というのが出てきて、
ほ~、これも使えそうと、おいておく。

こんな感じで、ひとつの話ができる。

随筆には、ストーリーがいる。
どこで、なんで、どういうふうに思ったかを
伝えなければいけない。
できれば、それにちょっとした人情や笑いを取り入れて、
アカデミックに仕上げられると、
なかなかのものとなる。

昨年は思い出話で、特に何も調べ物がなかったので、
今回は趣向を変えた。

また、今までとはちょっとちがう。

毎回、ちがうのに、私の味が出ているものを
書きたいと思う。

yumin

スポンサーサイト

「ぺんぺん草」締め切りせまる

こんなことはじめてやぁ~、
毎回、どれを出そうかと思ってカンタンに
考えていた「ぺんぺん草」の原稿が書けなくて、
煮詰まっていた。。。

夏から、書こうと思いながら、
いつもなら、何度もやってくる、
執筆の勘がさえなかった。

あかん、もう、締め切りや。

何でもいいというのはあかん。

けれど、もう、勘を待つ時間がない。

・・・じたばたの末、けっこう、いいものができつつある。

まだ、限界が見えたわけじゃなかった、ヨカッタ。
今週中には仕上げる予定。
文章を書くためには必須の「言葉しらべ」と、
参考文献(タイソなこと!)
ここまで、やっとかないといいものは書けない!
いや、私などどこまでやっても、大した物は書けないけど。。

書くときは、納得いくまで、やる!

あと、一息、頑張って詰めて書こう・・・

できあがりは、『ぺんぺん草』でお楽しみに。

yumin

FC2ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


PRESENTS~贈り物~

ベルディホール恒例の演劇セミナーの発表公演、
『PRESENTS~贈り物~』
が、今日行われた。

脚本セミナーに行き始めたのが確か7月、
あれから、数回のセミナーに出席して、
講師の大塚さんに、
いろいろと教えていただいたり、
他の受講生の方の作品のプレゼンを聞いたりした。

が! 夜の会議と重なること2回、
大詰めで、セミナーに出席できず、
本番用原稿が書けなかった。

・・・しかたないにしても、
今日の公演をみて、
本当に残念に思った。

6作品のうち5つが
私が最初に聞いたプレゼンの作品だった。
あれが、こうなるか・・・
みなさんの脚本アイデアに個性があっておもしろかったのも
さることながら、
やっぱり、ここに音楽と演出のすばらしさが見えた。

すごい~!
めっちゃ、感動やわ~。

他人の作品でこれだけ感動するんだから、
自分の作品やったら、
ホンマに胸が高鳴るだろうなあ・・・

ああ、残念やった~。

それにしても、
演劇セミナーのみなさんの
演技もとても上手だったし、
楽団のみなさんの
音楽もよかった。

これ、素人やんな、ホンマ。

素人だからこそ、
体当たりの一生懸命さが伝わって、
よかったんだと思う。

住民の、しかも数少ない若者が
こんなふうにして、活躍できる場があることも
すごいステキだと思う。

来年こそ、最後まで書いて、
私も仲間入りしたい。

セミナーのみなさん、おつかれさまでしたぁ~!

yumin


FC2ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今までになかったもの

今夜は3回目の脚本セミナーに
行きました。。。。

ホントは行きたくなかったの。
というのも、思うようなシナリオの
設定ができなかったから・・・。

なかなかむずかしいもんで、
コツというかポイントというかを
つかめないまま・・・。

それでも、
だからこそ、
知らないからこそ、
今までだれも考えつかなかったり、
絶対できないと思われているものが
意外にできたり、
とか・・・・ということはないんだろうかと思ってしまう。

シナリオだけじゃなくって、
小説でも、随筆でも、
「こうあるべきもの」
を超えて、
「こんなん小説じゃない」
「こんなん随筆じゃない」
「こんなシナリオでは芝居はできない」
はずだけど、人の心の動かすもの、
意外に興味をひくもの、
が、
できたら、おもしろいだろうなあと思う。

いつも、いつも、いーっつも、
常に新しいもの、今までになかったもの、
を考え出すのがすごく好きだ。

そおゆう性格なんだろうと・・・思う。

いつか、何か、成功するものを創りたい。

シナリオもどんどん新しいものを書き直しちゃおうっと。

yumin

FC2ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


脚本セミナー2

昨夜は脚本セミナーの第2回に
行ってきました。

いろいろと本当に勉強になります。

それにしても、
ひとつ気づくことは、
私、ドラマとか映画とかDVDとか
あんまり見ないので、
ストーリーとか展開というものが
いまいちよくわからなくて・・・。

わあ、これ、しまったなあ。。。
セミナーに参加するのは
場違いやったかなあ。。。とか
ちょっと思いました。

でも、講師の先生も
参加されているみなさんも
とても楽しい方ばかりだし、
みんなで何かをつくるのって
ワクワクするなあと思います。

・・・・だって、いま、
ほかに何も楽しみないもん!!

踊りに行くといったら、パパとサッチーに怒られるし。
ひどいわっ!
私は私の人生や!好きにして何が悪いっ!!

yumin

FC2ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

脚本セミナー

今日は、
ベルディホールで毎年恒例で開催される
演劇セミナーで、
今回はじめて!という
脚本セミナーに参加しました。

受講料たった3000円で
これだけ教えてもらって、経験できるなんて、
超ラッキー!!
という気がします。

昨日は
演劇・楽団・脚本、3つのセミナーの初顔合わせで
サッチーも連れて行ったのですが、
経験者の方ばかりで
すっかり気後れした様子でした・・・。

今日は1回目の脚本セミナーで
状況設定の練習をしました。

与えられた設定をそのコトバを直接用いずに
表現する・・・

いつも、文章を書くとき、
「美しい」と書くところを、「美しい」ではなく
他の表現でどう書くか?
と悩むのですが、
それを超えるむずかしさでした。

形にハマルことがキライな私は
気の向くままに書きたいというのが
モットーですが、
全くの創作は、きっちり設定を
考えておかないと、後で困るということもよく
わかりました。

わあ、、、形つくるの苦手やのに、、、

あと2回の基本講座があって、
いよいよ本格的に、舞台のシナリオを
書いていくそうです。

yumin


FC2ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

京都インクライン

木曜日、ペンクラブの日帰り旅行に行った。
ずいぶん先のことだと思っていたのに、
souちゃんの自然学校からあっという間だった。

行く先は京都、インクライン・南禅寺~二条城

総会を控え、ここで休むとあとがコワイと
思いながら、こんな機会を逃すと、
旅行なんていけたもんじゃない、
いそがしいときこそ、ゆっくり古都の景色になじむ方が
精神的に落ち着くかも・・・・と参加。

ホントに、心が和むというか、気分がよかった。

南禅寺~三門は 
歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな絶景かな」という名台詞を吐く
というので有名とか・・・

京都1

上に上がってみたけど、階段がすべって、また上の床がななめになっているので
めっちゃ怖かった。それにしても大きかった。

京都2

これは広大な南禅寺の奥にある煉瓦造りの琵琶湖疎水。
水路閣は長さ93メートルもあるハイカラな洋式アーチ。

はじめて見た私は「これなに?」と思った。l
お寺に洋式とはまたこれ如何に・・・という感じだけれど、
ここから、水路沿いに歩くとインクラインに出ます。
カップルが歩くのにぴったりだそうです。

京都3

インクラインとは、

明治2年に東京へ都が移り,産業も人口も急激に衰退していく京都にあって,第3代京都府知事北垣国道は,京都に近く水量豊かな琵琶湖に着目し,疏水を開削することにより,琵琶湖と宇治川を結ぶ舟運を開き,同時に水力,灌漑,防火などに利用して京都の産業振興を図ろうとした。
この疏水工事の御用係に選ばれたのが,明治16年工部大学を卒業したばかりの田邊朔郎さんだったということで、石碑がありました。

私は「インクライン」というから、
「ペンクラブ」が行き先に選ぶ随筆の道なのかと思っていたら、
「イン クライン」に意味で、ほど遠い勘違いでした。

京都4

昼食をはさんで、
訪れたのが二条城。小6の修学旅行で行ったはずだけれど、
中の記憶なんかない。
あちこち修理が施されキレイです。
慶応3年(1867年)10月、15代将軍慶喜(よしのぶ)が諸大名を集め、
大政奉還を発表したという歴史的な部屋は
なるほど格式高く、重さを感じました。

バスの中では
ペンクラブの会員さんがひとりずつマイクをもって
近況や京都のこと、仏式・神事それぞれのお話などなど。

新緑の美しいよい季節、天候にも恵まれ、
本当に心が和む一日が過ごせました。
デジカメもていけばよかったと後悔しました。

また、行きたいな。。

yumin


FC2ブログランキングに参加しています。クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。