スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタ施策

この頃、巷はすっかりクリスマスディスプレイで
飾られている。

今日のギターの帰りは、
あちこちでイルミネーションがキラキラと
色とりどりの電飾を放っていた。

サッチーとsouちゃんも、
最近はもっぱら、
サンタさんに「何をもらうか」
という話題に花が咲いている。

souちゃんは、今朝、
おもしろいことを言い出した。

「ボクは、サンタさんって、鳩山さんやと思うねん」

「え~っ!souちゃん、サンタさんは外国人やで。
北欧系の人やって!」
サッチーが「だって、白人やし、白いひげやし・・・」
とか言うと、

「鳩山さんって、大金持ちやろ、絶対鳩山さんや」

souちゃんは、どうもサンタさんは鳩山さんが
派遣かなんかでサンタを雇って、子どもにプレゼントを
配っていると考えているらしい・・・。
(子どもなりに、管総理でなく、お金持ちの鳩山さんだと
いうところがまたおもしろい)

この発想、なかなかイケてる。とてもおもしろい。

そうだよねぇ。

上積みどうするか議論中の子ども手当てだって、
当の子どもに配分がまわってくるわけじゃない。
親が使っちゃうだけだ。

だいたい、この少子化時代、子どもはものすごく大切にしないといけない。

子ども手当て上積みの代わりに、
クリスマスプレゼント1000円分ほど配ってもいいんじゃない。
1年に1度だし。
子どもだって、この厳しい世智がない世の中で、
夢も希望も儚く,それでも明るく元気に生きている。
オカネがない親が、プレゼントするんでなく、
国が子どもに毎年「がんばったごほうび」に
プレゼントしてもいいんじゃない?

とか、こんなおめでたい発言すると
怒られるかもしれないけれど、
厳しい時代だからこそ、ユーモアがある発想っていいんじゃない。
そんな国であればいいのになあと思う。


yumin

ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4,5,6年生)へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト

この世の中、変わらなきゃいけないこと

少し前のブログで、子育てのお母さん方の
相談を受けたことを書いた。

今日、懇談会にそのお母さん方がきて、
要望を話してくださった。

黒田庄町時代には、
町のどんな会議にも委員として
「子育て中のお母さん代表」というポストがあった。

子育て学習センターから代表のお母さんが
出席した。

お母さん方はほかのどんな委員より
課題について、真剣に考えたし、
ほかのお母さんたちに相談して、会議に挑んだ。

これは画期的なことだったんだなあと、今日気付いた。

いつも、思う。
もう何度思ったかしれない。

オッサン、アンタ、コドモソダテタコトアルンカ・・・

子ども育てたことない人に、
いったい何がわかるというのか。

そういう人が国や県や市町を動かし、
子育て支援はよくやっている・・・という。

おカネがほしいと言ってるんじゃない。
お母さん方が子どもを育てる支援をするということは
カタチじゃない。心の問題だ。

子どもを育てているお母さん方が育たないと、
子どもは地域を愛せないし、いずれ出て行くだろう。

最近、オッサンがうっとおしくてしかたがない。
女を見下すオッサンが許せない。
弱い、ずるい、言い訳だらけのオッサンを見ると
蹴り飛ばしたくなる。

けれど、残念ながら、そういう女は男にも女にも嫌われる。
オッサンに対して、いつもそういうカオしてる私は、
そのうち、事務所もお払い箱になるかもしれないね。

女性がトップに立たないと、
この世の中、変わらないんじゃない?

ということで、

尼崎市長選、がんばってほしい。
幼い子どもを育てながら、たいへんだと思うけど、
きっとそのがんばりが、
若い女性の勇気につながるような気がする。

yumin

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。


選ぶことの大切さ

今日は、会派県議団の視察があり、
地元の要望で工事予定のため池を見に来られた。

民主党政権が昨年、
自民党と密接している土地改良事業団の予算を
6割削減したこと。
そして、県議会でのその予算要求請願に
民主会派が反対したことを受け、
地元の実情を知ろうと企画された視察だった。

まあ、名誉挽回的な視察であった。

雨の中、地元役員さん、県議さん、
土地改良事務所職員、市職員、
その他役職は分からない人、
総勢20名ほどで、池の前に集まった。

地元住民の方はよくご存じである。

自民党やないとできないのとちがうか?

たぶん、その不安(不満かな)
ばかりが大きい。

県議さん方は、
その誤解を解こうと力説された。

政権が変わって、
予算方針が変わるのは仕方がないといえばそのとおり。

一方、政権が変わって、
住民の生命や財産を脅かすようなことでは
またこれも困ったこと。

しかし、なんと言っても、
国にはお金がない。

民主政権も
土地改良予算について、
農業を軽視してるとみなされる
事業費を減らすのでなく、
事業団への徹底的な指導を試みたらいいんじゃないんですかね。

それにしても、
投票率など6割あるかないかの選挙で
選ばれた人に、
そのような切な要望をしてもらうのに、
住民の皆さんはもっと真剣に選挙に挑まねばならないように
思います。

今日はまさにそう思いました。

予想通り、長靴持って行って正解だった。
議員さんもけっこうたいへん。
自民党だったら、こんなの見に来ないで
決めちゃうのかなあ。

yumin

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。



取っ払うもの

日曜日、見られなかった「龍馬伝」を
午後から見た。

もう、龍馬もあと5ヶ月の命だ。
必死で大政奉還を成し遂げようとする。
今日の「船中八策」は
その時代では信じられないほどの
新しい考え方で、
周りの者を驚かせている。
薩長に土佐が加わる。
絶対ムリだと思われたことが
現実になる。

今の政治においても、
同じような事が言えるのではないかと
いつも思う。

都道府県初の広域行政組織「関西広域連合」が12月初旬にも設立する。
27日に大阪府議会が規約案を可決し、参加7府県すべてで規約が成立した。

と28日発表された。

一極集中の打破がいちばんの目的だという。
なんか似てるよね。

「道州制」とか「広域連合」とか、
そんな面倒なものをまた新しく造らなくても、
都道府県が、やったらあかんの?

都市計画法を取っ払って、
県独自で県土計画を立てる。
県の中で、各市町がどのような役割をはたすことができて、
どのような位置づけになるか、
市町の要望を元に県が計画していくとか、
もう一度最初から決め直すの。
計画が県の財政にも関わってくる。

外国との取引とかそういうのだけに国として
関与して、あとは、好きにすれば。。。

とにかく私はなんで、時代も変わってるのに
いつまでも同じ法にしばられているのかという
疑問が大きい。

取っ払うものはたくさんある。

yumin

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。






議員はいるか、いらないか・・・続き

今日の新聞の1面は大きな見出しの
「小沢さんの強制起訴」

なんかすごく意地になってる感じです。
賛否両論ありと、コメントも出てました。

ここで、小沢さんが負けると、
政治家のお金たるもののあり方が、
全面的に政治家に通用するようになるのでは・・・

さて、昨日の続きの話で、
義兄は、
みなさんの政治家の仕事に対する見方を変えないと
いけないところがある。
お金を出す必要のないことでも、
議員なんだから当たり前・・・とか
交通違反のもみ消しとか就職の斡旋とか
本来の仕事ではないことを仕事と思っている。
と話した。

すごく勇気のいる発言だけど、
今後、政治家の資金や報酬を
とやかく言うなら、その風潮を改めないと
資産家でもなければ議員にはなれない。

議員の仕事は
本来、議会上での仕事であり、
そのほかのこと、
慶弔費や電報代、団体の会費、飲食代etc、
余計はお金ばっかり使うためにあるのでない。

そして、選挙でバカみたいに
財産をはたく必要なんかない。
議員がもらった報酬やその他のお金は
ほぼ選挙に消える。

それ以上にいるときはどこかから
もらうしかない。だから、お金に関わって違法を犯すのだ。

秘書が逮捕された・・・なんていうのは
私にとって、他人事でない。
私だけでなく、ほぼすべての議員やその秘書にとって
他人事ではない・・・と思う。

今の議員という肩書きがもつ仕事と報酬は
見合わず、それだけギリギリの仕事をしているのだ。

資金なんかで、いそがしい先生にごちゃごちゃ相談できない
秘書は、わかっていながら、さらにギリギリの仕事をする。

そういうこともわかっているのに、
政治家を摘発したいんだろうなあ。
コレハ住民目線でなんかナイトオモウ。

そんな世界にほんのちょっとでも
足をつっこんで、
私はふっと、
オッサンマンガに出てくるような
死ぬか捕まるかに怯える仕事、
こんなとこから、一刻も早く退散せねばと思う。

でも、反対に、
誰でもめったにできないおもしろい経験に
ワクワクもしてるケド。

議員はいるかいらないか・・・

本当に能力があって、熱意をもって
本来の仕事をしてくれる議員さんに、
その本来の仕事がそれに見合う報酬で
できるようにしなければいけないと思う。

できないなら、議会制なんてやめちゃえー!!

yumin

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。


議員はいるか、いらないか

この間、懇談会で、
県知事より県議会議長の報酬の方が高額なのはどうか
という質問があった。

議員は無報酬、ボランティアでもできるんじゃないか。
そういうふうな話になっていった。

今年度、最初の県政レポートで、
私もそのことを取り上げた。
外国に比べると議員報酬はかなりの額をしめている。
かなりの額ってどんくらいかというと、
日本国内全部の議員報酬を合わせると○兆円くらいな話。
コレ辞めたら、すごいよね。

でも、過激すぎてこの原稿はボツになった。(ボツばっかりじゃん!)

さて、懇談会に戻り、
出席してくださっていた町議さんが意見を言われた。
議員なんて大した仕事じゃない。
何の権限もないし、こんなんやったら監査役員でもいれば済むことや
と最初は思った。けれど、ちがった。
やっぱり、それでは、首長の独裁になってしまう。
きちんと調査して、意見することは、
町のためやと思った・・・。
しかし、そのためには給料も生活できるくらいは
もらわないとまともに仕事ができない。無報酬では絶対成り立たない。
と・・・。

今日、来週発行の県政レポートでは、
議員定数について、取り上げた。

来年度より3名削減される。
財政赤字とはいえ、全国で3番目に人口割りで議員が少ない。
特別委員会では、いろいろな意見がでて、議論された。

要するに議員の質が問題なのだ。

あしたに続く・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。


民主代表選

こんなことになるとは夢にも思わず、、、
成り行き上、
民主党のサポーターに登録したのが5月・・・。

投票したかったなあ~と思っているヒト、
いっぱいいるのかなぁ・・・

さて、マスコミはなんちゅーか、
おもしろおかしくしたいんやねぇ。
このせいで、自民党なんか影も形もありゃしない。
党まるごとで、国民ひきつけて、
なかなかやるねぇ。

と、投票はどうするか。

20年来の小沢さんファンの私は、
ずっと、ずーっと
一回でいいから小沢さんに首相やらしてあげてほしいと
心から思っていた。
この人は本当にスゴイ人だと思っていた。

けれど、今は、
なり時ではないと思う。
ちょっと時代が過ぎてしまった感じ。
小沢さんは、やらなけらばならないときに、
政治資金問題で、引かざるを得なくなってしまった。
あのチャンスを逃して、
新時代が到来した今、もう後に戻ってはいけない。

と、私は思う。

小沢さんが政治家として、問題を棚に上げているのではなく
正々堂々と戦おうとしていることも、評価できると思う。
でも、今、黒い影はいらない。

小沢さんには、
党の中で小沢さんにしかできない役割をしていただくことが
今の国づくりには必要なんじゃないかと思う。

あれだけ、ずっと、
悪役と言われようが、小沢さんのファンだったのに、
やっと首相の道が見えてきたというのに、
その投票権があるというのに、
しかも、私のバースディに決まるというのに。

阻止する票を入れることになろうとは・・・

yumin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。