スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやこ劇場総会

おやこ劇場の36回総会が行われ出席しました。
今回は長い間事務局を務めてくださった局長が
退任ということで、また、劇場は新しくなりそうです。

もう、この花束贈呈風景を何度見てきたか・・・。
お兄ちゃんは小1のときからだから、
かれこれ13年。。。
ん~、でも、そんなに経ってないか。
すっごい長い気がする。
だってその間に、運営委員も事務局も何人も
変わったモン。

事務局長退任の言葉の中に、
「はじめておやこ劇場にかかわるようになって、
フツウの主婦の集まりがここまでできるかと
本当に驚いた。そんなすごいところに自分がいる。
たいへんな仕事も一人でやっているわけでなく、
みんなの支えがあってできたこと」
という話があった。

やっぱ、そう思うよね。
私もすごくびっくりした。
そんじょそこいらの会社員よりも
すごい事務能力があり、
責任感があり、
組織の体制がしっかりしている。

いつも、思うことだけど、
世の中の子育てしている女性は
本当にすごい。
「子育て」という仕事の中で、
人生の大半のことを学ぶのではないだろうか。

おやこ劇場は、
親子で文化に親しむという高貴な事業を
通じて、親子で人間的なレベルも高めているように思う。

少子化もあり、当然のように毎年、
会員は減少し、ピークから20%くらいになっている。
けれど、歴代の役員の皆さんが
これまでがんばってこられたものを
引き継ごうと、若い人たちが
時間をやりくりしながら、工夫をこらしている。

そして、また次の世代の人たちは
その姿を見て、すごい団体だなあと思う。

その中に入れてもらって、
何か少しでも役に立てたら、いいなあと
総会のたび、あらためて思う。

yumin

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト

ダイアル ア ゴースト

今夜はおやこ劇場の方に誘われて、
チケットを買った舞台公演でした。

サッチーとsouちゃんと3人で行こうと思って
いたのに、ビミョウにsouちゃんの帰りが間に合わなかった
ので、サッチーと私とPちゃんの3人で行きました。

『ダイアル ア ゴースト』 劇団うりんこ

第2次世界大戦で爆撃にあって、
命を落とした家族が幽霊になって、ひとりの男の子を救う話。

まず、驚きなのは、俳優さんの動き、
1人がいくつもの役を演じていて、
いったいいつ着替えるのだろうと思うほどの早さ。
長い話をナレーション的なセリフで進めていく
ストーリーの早さ。

早いから淡々としていて、
感動する場面というかじーんとしたいシーンに
心をおけないまま、次のユーモアのあるセリフに入ってしまう。

席がナント最前列の真ん中だったので、
後ろの観客のみなさんの笑い声が聞こえてくるんですが、
そんなにおもしろいかなあ。。。と思ったり、
笑おうかなあと思ってるうちに、また場面が変わったり。
たいへん忙しい劇でした。

サッチーはなにやら、シャカシャカと鉛筆を動かしている。
何をしているのかと思ったら、
大きな太文字を塗り潰してる。。。きっと退屈なんだろう。。。
でも、超耳のサッチーは舞台見なくても、聞いてる。

それにしても、なかなか身が入らないのは、
舞台のことを意識してしまうから。
シナリオやら演出やら、道具、位置など
いろいろなことが過ぎるからなんです。

帰ってから、ネットで
この劇を検索してみると、
みどころは、

1.俳優だけでなく舞台設定も早変わりするスピード感
2.10人で30役、だれがさっきどの役をしていたか見分けるのも楽しみ
3.家族・友達の大切さを考える

でした。

私は夫婦幽霊が娘に出会うところにけっこう感動しました。

yumin

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。


ミュージカル「ピーターパンとウェンディ」

今夜はsouちゃんと
おやこ劇場の舞台鑑賞会で、
ミュージカル『ピーターパンとウェンディ』を観に行きました。

毎年、夏休みのファミリー企画で
ミュージカルを企画されている加東市の文化ホールですが、
今まで、あんまりおもしろくなかったので、
今回もあまり期待していませんでした。

夏休みにはこれまでたいてい
もうひとつ大きな舞台を観に行っていたので、
よけいそう思うのかもしれません。

ところが、
今日のはよかったです。
笑わせる場面が面白くて、ホントに笑えたし、
夢があったし、歌もよかった。

ホールに入ると、
「おやすみ~」と言ったsouちゃんでしたが、
後半からは、しっかりとみていました。

それから、ほんのちょっと、
舞台脚本としても考えることができました。

少し遠のいていましたが、
また、積極的に舞台も観に行こうと思います。

劇団ポプラ『ピーターパンとウエンディ』の紹介はこちらから

yumin

ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4,5,6年生)へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。



のんのんばあとオレ

昨日はおやこ劇場の舞台鑑賞会で、
劇団コーロの舞台劇『のんのんばあとオレ』を観ました。

久しぶりに市民会館大ホールでの鑑賞。見応えがあります。

幼い頃は何でも見ていたサッチーもsouちゃんも
近頃では人形劇やなんかだと、
おやこ劇場の鑑賞会も「行きたくない」というのです。

なので、仕方なく前回ひとりで観にいったら、意外に大人向けの
作品だったので、やっぱりsouちゃんも連れてくればよかったと後悔。

今回はサッチーも部活の帰りが早く、
いっしょに行くことができました。

のんのんばあ・・・は
『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみの水木しげるさんが
自分の子どもの頃のことを書いた作品を舞台化したもの。
以前、NHKでも放送されていたとか・・・。

なるほど、背景は昭和初期?か戦後まもなく、
妖怪にくわしいのんのんばあと絵を描くのが好きな
ゲゲ、そして、肺病を患い静養中のちぐさ。

思っていたよりもおもしろかったです。
あらゆるところに出てくる妖怪と、それに出くわすゲゲとちぐさ。
なんといっても「のんのんばあ」がこれまたスゴイ。

souちゃんもサッチーも思ったより、楽しめたようで、
よかったです。

劇団コーロ『のんのんばあとオレ』作品紹介

yumin

キナコちゃんとダンス

今日はおやこ劇場の舞台鑑賞会でした。
が、souちゃんは人形劇なんかみーひん!
と行って、きませんでした。

すっごいおもしろかったのに・・・。

『キナコちゃんとダンスは』は
人形芝居ひつじカンパニーの作品で、
ひとりでいろいろな人形をあやつりながら
話を進めていかれます。
一人の芝居で、これだけのことができるなんて・・・
ととっても感動しました。

お話の内容もすごく楽しい、おもしろい、
あたたかい・・・
大人も子どもも楽しめる作品でした。

もう一回souちゃんといっしょに見たいなあ・・・

キナコちゃんとダンス

yumin

全体委員会

昨日はおやこ劇場の全体委員会でした。
今年度の活動報告、収支報告、来年度の企画・予算案について、
総会前に協議する重要な委員会です。

私がこの会議に出席するようになって3回目、
毎回、議論の深さ、委員の皆さんの熱意に
胸があつくなります。
ここにいる全員がおやこ劇場のことを大切に思っている
ということがヒシヒシと伝わってきます。

若い世代にとって、今の時代、生活するだけで厳しいものがあり、
その中で、文化的な活動を広めていくことは困難になってきています。

けれども、私たちはおやこ劇場で得たものがたいへん
大きく、また次の世代にも伝えていきたくて、
今、活動を続けています。

それにしても、
これまでは、子どもが大きくなって、次に受け継ぎ退会する
というのが自然の流れでしたが、
このところの急な退会をきくたび、とてもさみしい思いがします。

かかわった人すべて、出会えたことに感謝し、劇場をはなれても
自分らしく生きていかれますように祈っています。

yumin

陶芸体験

今日はおやこ劇場の黒田庄ブロックで、
住吉の「土あそび工房」さんに、陶芸体験に行きました。
すごーくいいところで、心が洗練された気がしました。

なんにもしたくないsouちゃんは、「ぜったい、いかへん!」
と言っていましたが、やりはじめると楽しそうにやっていました。

子どもたちもお母さんたちも上手でした。

不器用なsouちゃんは、相変わらず、
何だかおかしなものをつくり、
みんなから、笑われていましたが、
「これは肉じゃが入れる鉢やなあ」と
言ってもらって、機嫌良くしていました。

土あそび工房2


また、
「ボクんちより田舎やなあ」と
原風景に喜び、風が強くて、寒い中、
外でも遊んでいました。

外で4日間も火をたき続ける釜も見学させていただきました。
また、次は、絵付けに行きます。
とても楽しみです。

土あそび工房1


yumin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。