スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 東京

昨日、電車でとんだ目にあったとき、私はホントにのんきな人で、ウトウトしてましたすると、ひとりの若い女性が「みんな、あっちに乗り換えてますけど?どうします?」と話かけてくれました。私は飛び起きて、「あっ、そうですね、行きましょう!」と半分寝ぼけ眼で、となりのホームの電車に乗りました。そこで、その女性とおしゃべりしながら、そうだ!新神戸から新幹線乗ればいいんだ!と思いつき、その女性にそのことを告げて、電車を降りました。何だかその女性のさわやかな印象が今でも瞼の奥に写る感じです・・・・

昨日、交流会に行く前に、まーったく知らない人ばっかりのところで、どうしようかと思いつつ、携帯で話していた隣の若い女性に「行きましょうか」と声をかけました。
そうしたら、帰り際にその女性とエレベーターでいっしょになり、駅までいっしょに行きました。その間のおしゃべりも楽しかったです。
前回、東京に行ったときもそうでしたが、ぜんぜん知らない人なのに、楽しく親しげに話ができることが、本当に楽しいんですよね~。これって、ぜったい快感です。

東京はおもしろいです。何でもありで、だれも何も言わない。何が信頼できるのかわからないのに、動いてる。前見て歩かないとだれかにすぐぶつかりそうになって、道路で立ち止まったりなんかできないほど、人がいっぱいいて、誰も私のことなんて見てないと思うと、何でもできそうなんです。

今日は渋谷で、金髪巻き髪でショートパンツはいた女の子がいっぱいいる109に入りました。おしゃれでかわいいなあと思いました。いいなあ、若いということは・・・。
でも、サッチーのおみやげはそこでは見つかりませんでした。ちょっと、サッチーもこんなになったら、どんな感じだろうと想像してしまいました

yumin

スポンサーサイト

テーマ : (^ー^)(ニヤリ - ジャンル : 日記

研修会2日目

今日の研修は昨日のまとめということで、昨日聞き逃した分と参加しなかった分科会のお話も聞くことできました。
どの方のお話にも感心し、うなずくばかりで、感激しました。また昨夜の交流会では、参加者の方とたくさんお話できました。これまた、勉強になることや新しい取り組みの情報が聞けて楽しかったです。
ただ、私が課題に思っていた矛盾や疑問は、ここにきてもやっぱり大きな課題で、納得できる答えは見つかりませんでした。とても元気に話してくださった女性のパネリストの方が最後に課題として会場に訴えられたこと、ジーンとしました。
地域はこれから、このような地域づくりをすすめていく方が増えて、進化して、変わっていくんだろうなあと思います。それに伴い、旧い体制、行政や議会などのあり方がどんどん問われていくんだろうなあと思いました。
たくさん勉強させていただき、全国の元気なみなさんからパワーと勇気をいただきました。
参加者はコンサルさんと、行政関係者と、まち協の人・・・私のような者は私だけだったような・・・・。
ちょっと場違いだったかもしれませんが、ホントに東京までいって勉強させていただいた甲斐がありました。

ちなみに今日の「地域づくりコーディネーター研修会まとめ」の10の言葉
①おおらかに!一人も排除することなく、一人一人が幸せに!
②ラクラクと面倒なことをやる
③岩盤は行政、表土は地域、花を咲かせる野は住民
④あたたかい人育てを!高齢者の完走まで伴走を!
⑤難儀なリスクをリンクに変える
⑥人々の能力を発見して、人の数ほど喜びを広げる
⑦地域の課題解決を人の心にわかる言葉でとどける
⑧人が自主的にかかわるのは、にわかよりゆったリング
⑨命のような大切にしたいコンセプトをふまえてストーリーをつくる
⑩希望は若い人や子どものニーズに答えること
⑪るんるん&リーズナルに!

参加してよかったです。

yumin

地域づくりコーディネーター研修

テーマ : (^ー^)(ニヤリ - ジャンル : 日記

東京です2

地域づくりコーディネーター研修会ですが、めっちゃレベル高いです。テーマは「地域経営と組織マネジメント」「地域」という言葉をはずせば、企業の研修みたいです。言わんとすることはわかるのですが、マジでわからない単語がでてきて、場違いなところにきた気がしました。
お話してくださった方は、ホントにすごいと感心しました。うなづけることも多かったし、もっと詳しく聞きたいこともありました。コーディネーターというのは何かをする立場なのなくて、幅広く情報をもち、楽しみたい人には楽しんでもらい、専門的な人にはその分野でがんばってもらい、肝心な事務局をもって、言わなければいけないところはきっちり見極める、それができる人。これまでのリーダーとはちょっとちがう。
地域づくりも進化しているなあと思った。

東京です1

今朝はとんだ目に会いました。新大阪行きの特急が信号機のトラブルで、途中で止まり、大幅な遅れ。三田で神戸電鉄に乗り換え、新神戸から新幹線に乗りました。すでに1時間の遅れ。やっと新幹線に乗ったら、これまた信号機トラブルで50分遅れで品川着。大慌てで、虎ノ門へ!
スタスタ歩けど、見当たらない。霞ヶ関の建物に見とれていたら、反対方向だった!バカバカ!(でも、こんなとこ歩いたの初体験だわっ)で、やっと会場到着。3時半だった!疲れた~

TOKYOに行ってきます

明日と明後日、「地域づくりコーディネーター」の研修を受けに行きます。今までだって、よくそういうの行ったや~ん・・・という気もしますが、「子育て」を離れてというか「子育ても含めた地域づくり」を勉強したくなりました。
この前、中区の方がメールで知らせてくださった、丹波市のフォーラムの記録を読んだら、うなづけることばかりでした。(ありがとうございました)地域づくりに、女性が参加して女性の視点で意見を言わないことには、本当にいい地域はできないんだなあと思いました。

いろいろなことを知って、いろいろな方と話して、自分の力になればいいなあと思います。視野を広げると、希望も広がります・・・

行ってきま~す!

yumin

テーマ : 一人旅 - ジャンル : 旅行

文章依存

最近、パソコンの調子が悪くて。
夏休み中に昼間は子どもたちが使い、夜は私が使っていると、一日中、つけっぱなしで、パパに暑いのによけいに暑い!と怒られて、しばらく家ではパソコンから離れていました。その間に、なんだか調子が悪くなって。
ついこの間までは、パソコンにつまっているデータは「私のすべてだ」とか、「パソコンがなければ生きていけないんじゃないだろうか」とか、「もし、データを全部消失したら、私はいったいどうなるんだろう」と思っていました。

でも、しばらく、家でパソコンしなくなり、Pi-chiクラブのこれまでのデータが保存できると、もう、あとはなくなってもいいやと、思えてきました。
パソコンにはPi-chiクラブのデータだけでなく、いろいろなグループやPTAなど団体の文書やチラシの原案、文芸作品、写真・・・ありとあらゆる私が作った文書が入っています。でも、なくなっても、私には変わりないなあと思いました。

実は、パソコンの前は、もし、私が右手を使えなくなったら、生きていけるだろうか?自分にとっていちばん必要なものは紙と鉛筆だと思っていました。

いつか、私の中にあるたくさんの引き出しやポケットにつまっている記憶、それとともに感情や背景、想像を整理して、文章にしたいなあと思います。パソコンより有効な材料があると思っているんですが・・・これいかに?

yumin

テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

夕焼け

夕焼け


この間、夕方、車で走っていると、目の前がきれいな夕焼けでした。これは撮らねばと思いつつ、なかなか止まれなくて・・・。

私は空がすきです。雲と太陽と月と星と・・・。もう少し目がよかったら、いいのになあと思います。

今日は皆既月食でしたっけ?

yumin

テーマ : 夏休み日記 - ジャンル : 日記

見る!

先週の練習と、日曜日のグループホームでの踊りを見ていて、いろいろなことを思いました。
自分が踊っているときには、自分が踊るので精一杯で、ほかに何も見えませんし、考えません。見ることって大切だなあと思いました。
今まで、よく代表や指導の人が指摘していたことが、一目瞭然にわかりました。踊りをきわめていくためには、みんなが「見る」ことも大切だなあと思いました。
サッチーの手のくるりくるりが気になって、みんなの前で指摘したら、サッチーがエライ怒ってたいへんでした。souちゃんは何箇所か上手なところがあったので、サッチーにそういうと、souちゃんはいつも家で、テレビをみているときも、踊っているといいます。頭の中で曲が流れているみたいです。「イメージトレーニングって大切やなあ。ぜんぜん練習行ってなくても、頭の中で踊れたらいいもんなあ」というと、サッチーは、「はぁ~っ?私にはそんなことできひんわ。そんなことできるのは母さんとsouちゃんだけや」と言われましたが・・・。そうなんでしょうか?
たった数回見て、2,3回踊っただけで、なんとなくでも1曲踊れてしまう子どもって、純粋にイメージとして脳がとらえているからなんじゃないでしょうか?

yumin

テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

川あそび2

日曜日はまた超いそがしい一日でした。朝から、オープンキャンパスに行くお兄ちゃんを駅まで送り、事務所で仕事をして、家に帰って、庭掃除をしました。サッチーとsouちゃんも手伝ってくれたので、あっという間に片付きました
そして、家の掃除をして、いざ、川へ!
そうなんです。この前行った、川がとてもいいところだったので、サッチーがまた行こうよ~と言ったからです。近くにこんないいところがあって、よかったです。souちゃんは結局、行かず(水着が見つからなかったので、すねてしまったのです)サッチーといとこのマッチーと3人で行きました。川について、二人は大喜びで、遊んでいました。本当に、涼しくて、適度な暑さで、川の流れや深さも危険でなく、いい遊び場です。私は木陰で、ウトウトしながら読書してました。ときどき、サッチーがどこか遠くに行ってしまわないか見渡しながら・・・・。
サッチーたちはウォータースライダーのように、浮き輪をつかって、川に流されたり、深いところで泳いだり、楽しそうでした。
さて、あわてて、帰ってきて、子ども芸術祭に入選したサッチーとsouちゃんとマッチーとsyuちゃんの絵を市民会館に取りに行きました。全部の入選作品をゆっくり見ることができなくて、残念でした。でも、souちゃんのクラスのお友達の作品がたくさん入選していて、みんなとっても上手でした。souちゃんの作品はなんというかいつもながら個性があります。
さてさて、次は、中区のグループホームの納涼まつりに、よさこいを踊りにいくのです。
サッチーは車の中でつかの間の休息。本番では、サッチーもsouちゃんも元気に踊っていました。

川あそび2


yumin

テーマ : 夏休み日記 - ジャンル : 日記

加杉野親子ふれあい王国

奉仕作業から帰ってきて、今日は一日、souちゃんと西脇JC主催のイベント「加杉野親子ふれあい王国」に参加しました。
10時~17時までという長時間、内容がもりだくさんのうえ、昼食・夕食付きと豪華。また、スタッフのJCのお兄さん達が楽しくて、優しくて、とっても充実した時間を過ごすことができました。
やったこと「紙漉き体験」「カラフルキャンドルづくり」「ハンカチ染め」、「にんじんの皮むき」・・・アイスクリームづくり、紙とんぼづくり、ウォークラリー。
souちゃんは、JCのお兄さんに声をかけられるたび、とまどっていましたが、最後は喜んで、お礼を言って帰りました。
このイベントのテーマは「家族」。理事長さんの思い入れで、このような趣向になったとか。西脇市をPRしつつ、親子のふれあいを促進しつつ、楽しく、明るく、心あたたまる・・・とってもいい感じのイベントでした。
お世話になったJCのみなさんには、本当に感謝いたします。
ありがとうございました。

加杉野親子ふれあい王国


yumin

テーマ : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜ - ジャンル : 日記

高校奉仕作業

今日は朝からお兄ちゃんの高校の奉仕作業があり、グランドの草引きに行きました。1時間ほど、けっこう一生懸命やりました。保護者と3年生の生徒の参加のようでしたが、保護者は少なかったです。
終わってから、近くにいる方とお話をしていたら、お兄ちゃんと同じクラスの女の子のお母さんでした。そのうち、そういえば、見たことある人たちだ・・・と思っていると、PTAの役員さんだった。
なんと私が親しげに話した人は副会長さんだった!そんなことで、12月の県のPTA研究大会にお手伝い要員として、行く話になり・・・。いけない!こんなことをしていては、私はまたきっと来年も役員をしているだろうと思い・・・ちょっと言葉を濁しながらも、でも、高校のPTAの大会なんて行ったことないし、いっぺんどんなものか見てみたい。
あ~もう、なんで、私はこんなに好奇心旺盛なんだろう。本当に困ったことだ・・・。

yumin

テーマ : きょいの出来事 - ジャンル : 日記

おべんとう

夏休みの私の仕事はラジオ体操とお弁当づくり。確か、去年も作ったはずだったけど、その苦労は忘れてしまった。

週3回はお弁当を家族人数分、6つつくる。ばあちゃん思いのお兄ちゃんに、「母さん、ばあちゃんの分もつくったりぃなぁ。ばあちゃん、いっつもお昼に食べるものないんやから」といわれ、去年よりひとつ増えた。
はっきり言って、6つつくると、たかが弁当といえど、夕食をつくるのと変わらない手間がかかる。
何でもいいや~と思うパパの弁当と比べて、子どもたちは文句が多い。喜んで食べてもらわないといけないから、ちょっと考える。

冷凍食品なんて使ってはいられない。そんなにコストをかけていたら、弁当をつくる意味がなくなる。普段は冷凍食品も使うが、使わない方がだんぜんおいしい!と気づく。

昨日souちゃんは、「かあさん、今日はレタスがおいしかった」と。キャベツのまちがいだ。でも、付け合せのほんの少しのキャベツをsouちゃんがおいしいと思って、食べてくれているんだなあと思うと、とってもうれしかった。

あと、ちょっとだぁ~。あと5回くらいだぁ~。がんばるぞ~。

yumin

テーマ : 夏休み日記 - ジャンル : 日記

『バッテリー』

お兄ちゃんが小6のとき、あさのあつこの「バッテリー」を買った。当時少年野球をしていたお兄ちゃんも読んだ。ⅠとⅡを買って、ⅢとⅣは図書館で借りた。

映画化されて話題になったころ、読書好きのサッチーに、読んでみたらとすすめた。サッチーはあっという間にⅠとⅡを読んでしまった。ⅢとⅣも早く読みたいといったので、図書館に行ったけど、当然、いつも貸し出し中だった。

そうだ!文庫本が出てたんだと思い、ⅢからⅥまで買って、サッチーにわたした。2日で読んでしまった。それ以来・・・まだ懲りず、毎日読んでいる。自分の好きな場面やおもしろかったところを、souちゃんに毎日のように語っている。

「巧って、めっちゃカッコイイよなあ」とサッチーが毎日言うから、「母さんは豪のほうが好きやけど」と言って、自分の子どもが巧ならちょっと考えものだと思う。

「バッテリー」は子どもの読む本だなあと思う。巧みたいな子どもいる?いや、ぜったいいないよ。中学生がそこまで人の心わかる?現実はもっと子どもだと思う。子どもがここまで完璧に描かれるから、子どもは好きなんだなあと思う。

私が「バッテリー」で好きなところは、岡山?の背景と方言と、たった10日間の話で1冊になるという時間の流れ。時間がゆっくりと流れる中で、巧と豪がお互いを必要と思う静かで熱い心を見つける。芸術作品だなあと思うから、あんまり俗っぽいイメージはもったいない。

昨日、お兄ちゃんが「オレ、感想文、バッテリーで書こうかなあ」というから、「あれは子どもの読む本やん。」と言ったけど、お兄ちゃんがバッテリーのどういう感想文を書くのかとっても興味ありますねぇ。

ついでに、サッチーは本ばかり読んでないで、早く宿題終わらせてください!

yumin

テーマ : 宿題終わらへんねん・・・・・゜・(PД`q。)・゜・ - ジャンル : 日記

ラストサムライ

土曜日、テレビで「ラストサムライ」を見た。だいたい、テレビなんてめったに見ないのに、新聞のテレビ欄を見て、急に見たくなった。戦いが大嫌いな私らしくない。血がぶっとび、人がバッタバッタ斬られ、撃たれる映画みたいなんて、本当に信じられない。
子どもたちに「母さん、なんで、そんなコワイの、みたいの?」と言われ、「そりゃあ、世界のトム・クルーズのサムライ姿が見たいんやん。サッチーとsouちゃんは見ないでね」と言って、ひとりで、テレビにかじりつき。べつに私はトム・クルーズのファンじゃない。
それにしても、真田広之のサムライは本当にすばらしい。たそがれ清兵衛もハマリ役だった。・・・いや、べつに、それを見たかったわけでもない。

今の世の中、日本の伝統が生きていない気がする。サムライが日本の伝統らしいとかいうのではないけれど、魂というか誇りというか、他の国にはない日本人にしかない心が、受け継がれていかなくてもいいんだろうかと・・・・なんとなく思った。それが、愛国心というのでもないことを念のために言っておくけど。

なんで、こんなこと思ったのかよくわからない。今度はリチャード・ギアの恋愛映画をみることにしようっと。

yumin


テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

サッチーの洞察力

この前、サッチーがアニメ番組のキャラの話をはじめました。今、人気のある「ケロロ軍曹」です。この中に出てくるキャラで、どのタイプに似ているかというのです。サッチーいわく、

マッチー(いとこです)はかわいいけど、ちょっとウラのあるタママ、souちゃんは男のなのにやさしくて、お姉ちゃんを頼りにするフユキ。で、にいちゃんはドロロ。

「え~っ!にいちゃんがドロロ? 存在感なしの?」と私が言うと、

「うん。にいちゃんは、ばっちしドロロタイプ」

ドロロは登場するキャラの中でいちばんまじめで、礼儀正しく、正義感が強いのに、存在感が薄いのです。

「だって、サッチー、兄ちゃんは女子ギライで、いっつもサッチーに意地悪言うし、年上だからって、おいしいものもひとりじめするのに~」と私が言うと、

「あのな、にいちゃんは家ではそんなとこもあるけど、外に出ると、礼儀正しくて、まじめで、めっちゃいい人やねんで」

「ほお~っ、なかなかの洞察力」と感心していると、「母さんはケロロ」とサッチー。

「え~っ、主役なのにあんなバカみたいなのが母さん?」
「うん。ケロロはいっつもバカやけど、なんかひとつはじめるとめっちゃ熱中してやりまくるから、母さんに似てる」

サッチーの洞察力は鋭い。というか、子どもに見抜かれて、涼しい目で見守られている私はなんかホントにおバカだ~。

ちょっと、キャラを変えないといけないわ~。

yumin

テーマ : ワ――゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:。――イ - ジャンル : 日記

おの恋

昨日は小野まつりで、おの恋おどりに参加しました。先週に引き続き、この暑さには負けそうでしたが、がんばりました。
私はこの舞台で、踊りはやめます。体調がよくないので、パパにとても心配をかけてしまい、やめることにしました。サッチーとsouちゃんはまだまだがんばるので、私はチームのサポート係&広報係をしようと思っています。
年齢を棚にあげて、今村組にあこがれて、人をひきつける踊りって何だろうと思いつつけて、踊ってきました。先週、書いたように、ホントによくわからないんですが、急に体がそれをつかんで、踊ることに集中できて、とても自己満足してました。
加杉野のあと、母や妹に「あんた、前よりえらくうまくなってるからびっくりした」と言われ(前はホントにひどかったんです)、昨日もチームの人に「yuminさんがすごくがんばってるから、私もがんばろうと思ったわ」と言ってもらい、見てる人にもいっしょに踊っている人にも伝わってるんだとうれしくなりました。
で、最後、祭河を踊らせてもらい(それも雨と雷の中)、今村先生の曲で踊り終えたこと、とっても幸せだなあと思いました。

昨年のおの恋ではじまった私のよさこい、今年のおの恋で終わった。たった1年、チームのみんなには迷惑をかけてばっかりだったけど、とっても楽しかった。満足できるまでやりとげられたこと本当にうれしかった。いっしょに踊ってくれたみなさん、励ましてくれたみなさん、ありがとうございました。

また、サッチーとsouちゃんの踊りを見るのを楽しみにします。

yumin

テーマ : *:;夏祭り;:*。゜ - ジャンル : 日記

黒田庄夏まつりで・・・

昨日、黒田庄夏まつりのお手伝いに行きました。昨年もそうでしたが、ずうっと、本部席にいると、なんとなくいろいろな方に出会い、お話できてうれしいです。

昨日は西脇から綿恋一座さんや春姫さんが盆踊りにきてくださって、西脇音頭を踊ってくださいました。

先日の加杉野おどりのとき、春姫さんの「織都」の曲に、感動していたので、そのことをお伝えしたいなあと思っていました。初対面なのに、「加杉野のときの曲、よかったですね。すごい感動しました。」というと、「2年前から、西脇音頭をアレンジしてもらって、やってるんだけど、西脇の人でもなかなか気づいてくれないんですよ。そういってもらえるとうれしい」といわれてました。大賞をとった楽空間のデカンショ節を取り入れた曲、ああいうのがやりたかったんですと。

「うん、うん、わかります!!」と大きくうなづきました。私も昨年からずっと思ってます。K-Dreamも黒田庄を唄った曲で踊らないと・・・。
どこかの真似ではない、自分たちの曲、踊り。踊りって、本来は五穀豊穣を祝う地域の祭りで舞うものではなかったでしょうか・・・。そういう伝統を守りながら、楽しく、熱く・・・。

春姫さんの西脇への思い、すごくうれしくて。こんなところにも西脇を盛り上げようとしている人たちがいるとわかったことがうれしくて。すっかり興奮してしまいました。

yumin

テーマ : 思ったこと。 - ジャンル : 日記

川遊びしてます

20070816110703
今日もめっちゃ暑いです。家族で神河町の川に遊びにきました。

黒田庄夏まつり

今日は午後から黒田庄夏まつりの準備がありました。櫓とテント設営が仕事なので、私がいってもほとんど役にたちませんでしたが。
黒田庄の夏まつりは西脇市と合併して、昨年から住民の主催、運営になっているのです。

実行委員の方はほとんど区長さんや役職の方で、本当にお疲れ様でした。

休憩中に、元職員の方が、櫓の変遷についてお話されているのを耳にしました。私はこの方のお話が好きです。黒田庄の歴史や知らなかったいろいろな人の思いを知ることができるからです。

このまつりがつづくかぎり、黒田庄は黒田庄らしく、いられるような気がします。

yumin

ロボット展

昨日はまた、暑かったですが、以前から約束していたsouちゃんが楽しみにしていたロボット展を見に行きました。
姫路科学館アトムの館です。
行った時間が遅かったので、ロボットの展示しか見られませんでしたが、その他にもいろいろな実験やプラネタリウムショーもありました。惜しかったなあ~。
souちゃんはロボットが大好きです。この夏の自由研究はロボットのことを調べると決めていました。ロボットの展示で何か資料が見つかるといいいねえと言ってましたが、それはなく、でも、かかりの方の説明で、とても勉強になりました。
souちゃんは、ロボットの動くしくみについて、しらべたいそうです。ちなみに、ロボットづくりのキットはなんと2万3万もする高価なものでした。
自分でつくって、戦わせるのが、とってもおもしろそうで、souちゃんも興味深く見てました。
「マノイ」というロボットがかわいかったです。あのなめらかに動く秘密。知りたいですね。souちゃんに期待しましょう・・・。

yumin

テーマ : 夏のお出かけ - ジャンル : 日記

加杉野おどり

昨年、小野恋おどりに出たときと、まったくちがうK-Dream。前日の練習で、代表が「いろいろあったけど・・・」と話したとき、涙が出そうになった。ホントにいろいろあった。

私など、サッチーがしているので、あんまりお世話になってばかりではメンバーのみなさんに申し訳ないので、仕方なく、メンバーに入り、踊るのが好きでもないのに、つきあい程度で、はじめたこと。

「踊ること」がどういうことなのかわからなくて、どうしたら、楽しくなるのか、上手になるのか・・・といつも思っていた。私にはきっと不向きなことなんだろうと思っていた。

練習には会議や仕事で、半分くらいしか出られていない。当然、しっかり覚えてなくて、まちがってばかり。サッチーがお世話になるからと思って入ったのに、私までお世話になってばかり。おまけに、今回はsouちゃんまで。もう、どんなに、お礼を言わなきゃいけないほど、お世話になったし、迷惑もかけた。

でも、でも、そのおかげで、なんか、わかった。
一生懸命踊るってこういうことなんだなあと。
表現が伝わるって、こういうことなんだなあと。
今のチームはいろいろあったけど、踊ることに心意気の熱い人の集まりで、私はメンバーのみんなから、そういうことを教えてもらったんだと、今、わかりました。

もう、目の前の「小野恋」は悔いのないように踊りたい・・・。

yumin

テーマ : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜ - ジャンル : 日記

西脇織物まつり

日曜日は西脇市の伝統あるお祭り「織物まつり」でした。今年から装い新たに「加杉野おどり」をメインとするよさこいまつりとして、開催されました。

はじめてのことをするのだから、スタッフのみなさんは本当にたいへんだったと思います。でも、いつも、「今年で終わるものでなく、この祭りが何年も続いていって、市民の力、各地区の協力で開催できる祭りとして盛り上がっていくことを願っている」と言われていたことが心にのこりました。

さて、いよいよ当日、私はサッチーとsouちゃんと黒田庄のよさこいチームK-Dreamの一員として、加杉野おどりに参加しました。日野会場と、メイン会場、黒田庄会場の3箇所で、踊りました。予想以上の盛り上がりではなかったでしょうか・・・。

どの会場でもスタッフのみなさんがたいへん親切にしてくださり、また、加古川や小野では知らない人だけれど、どこにも知っている人がいて、本当に「お世話になります」という気持ちでいっぱいでした。たくさん、声をかけていただいて、うれしかったです。

猛暑でした。スタッフのみなさんは本当に、お疲れになったと思います。それから、それから、プロデュースしてくださった今村組のみなさんには、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

西脇市が、伝統を大切にしながら、少しずつ新しいまちに生まれ変わりつつあること、とてもうれしく思いました。今後、さらに、期待したいと思います。

yumin

テーマ : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜ - ジャンル : 日記

子育てはいつまで続く・・・

最近、やたら、子どもに手がかかる。自分のことは自分ですればいいんだから、放っておけばいいというようなものの、「いくらなんでも、放っておけない」というときがあって・・・。

お兄ちゃんの受験勉強の手伝いは、最後までしようと思う。なんで私が英語の参考書読まなきゃいけないんだと思いつつ、私がつくった問題をお兄ちゃんが間違っていたら、「そうか、ここで間違うのか」とお兄ちゃんのことが理解できる。母が17歳の息子を理解するには、それなりに努力や根気も必要だ。こういうかかわりの中で、この子の成長に気づくこともある。まだ、かかわりが必要なんだと思う。

サッチーは格好は気にするくせに、中身がついていっていない。長い髪にしたいと伸ばしても、自分で手入れするには限界のようだった。昨日の朝、なんでいそがしい朝に、6年生の娘の髪を洗わないといけないんだと思いつつ、サッチーはいつも何でも自分でするから、私が手をかけてあげることがなかった。でもやっぱり、まだ子どもで、親のいうことに従わせるというのではないけれど、手をかけてあげなきゃいけないこともあったなあと思った。今朝、私の言うことを聞いて、カットに行った。

souちゃんは、明日、はじめて、舞台でよさこいを踊る。緊張やら不安があって、「ボク、でなくてもいい?」と弱気になっている。家族がみんなして、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と励ますけれど、本番前にして、実は私がいちばん不安だ。どういって、励まそうかと、頭を悩ませている。

手がかかるといいながらも、大人になれば、どんなこともしてあげることはなくなるのだから、こんな幸せな時期はないなあと思う。

yumin

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

まちづくり計画策定部会

木曜日、黒田庄のまちづくり計画策定部会に出ました。会場に入ってから、「で、今日は何するんだっけ?」と、のんきで申し訳ない私です。
その日は3つの分科会にわかれて、意見交換をしてきたワークショップの最終回で、「道路や河川、防災・・・etc」がテーマでした。
ついこの間まで、私にとって「道や川」はあんまり関わりのないことで、いつもいつも先に進まないのに、選挙になるとでてくる「あの道は、あの橋は、どうなるんだ」という煮え切らない話がまたでてくるのかと・・・思っていました。
平行線は何か特別な事情でもできない限り平行線です。いつもいつも、同じことばかりいっているのは時間の無駄だと思います。

ところが、今回、その話から進展して、黒田庄のまちづくり計画のメインになるともいえるような構想が持ち上がりました。そして、それはこのまちづくり会議に出席している皆さんが同意さえすれば、きっと、うまく進んでいくであろう素案でした。

内容は内緒・・・急に、目の前がぱっと明るくなりました。うれしくて、ワクワクして、閉会のあいさつでそのことを言いました。帰りに市の職員の方が、「楽しみですねぇ、やっとおもしろくなってきましたね」と声をかけてくださいました。

やっとおもしろくなってきたまちづくり計画です。ただ、ひとつ、気になることは組織です。ただ当て職で会議に参加している方たちと、実際に動く意欲のある方たちをどう組み合わせ、それぞれの得意分野を生かして、計画を実行していくか・・・。

アドバイザーの先生が「第4セクター」の話をされました。「住民が行政を動かす」ようにしなければと・・・・。地域応援プログラムを見ても、行政側の思いと住民の動きが合致したときに、本当にいい活動ができ、予算がうまく使われたといえるのではと思いました。

yumin

テーマ : d(*`・∀・)b よっしゃぁっ!! - ジャンル : 日記

高校入試制度

火曜日、西多可の連合PTAとセンセイの意見交換会がありました。昨年度、県立高校の入試制度が変わったこと、北播磨地域での子どもの数の減少による定員数の減などが内容です。
今年度のPTAの役員さんはとても熱心で、これまで市町の事務局がつくっていた県の教育委員会に対する陳情書の案も自分たちで話し合われ、作られたそうです。

お話を聞いて、私自身も経験のあることで、どのこともよくわかるお話でした。保護者の思いをよく伝えられているなあと思いました。

センセイは高校側にも入試制度のことで、お話を聞きに行かれました。その報告もあり、高校側の思いというのもよくわかりました。

これまで、私たちの入試の頃から、ただ成績順に並べて、高校をランクづけして、「はい、あなたはここよ」という指導が通ってきていたように思えます。それは地域の中の高校の位置づけとして、とてもおかしなことだし、改革していかないといけないことだと気付きました。

センセイは元中学校の教師なので、教師魂に火がついていました。保護者の意見を聴く会であったのですが、センセイの思いを保護者に伝える会に、半ばなっていました。

いくら学校から離れても、議員になっても、「子どもを思う気持ち」はだれよりも強いこと、将来を考える子どもを支える人であること、改めてすごいなあと思いました。

高校についての調査研究もひとつの課題として、まとめていきたいと思います。

yumin

テーマ : d(*`・∀・)b よっしゃぁっ!! - ジャンル : 日記

プール当番

今週は小学校の地区水泳の当番が2度あります。地区の子どもたちと自転車で学校まで行って、プール遊びを監視して、また自転車で帰ってくるのです。
パパさんが当番をされる家庭といっしょの当番になれば「ラッキー!」という感じです。が、ママさんばかりだと、たいてい年長になってしまうので、仕切らないといけなくて、ちょっと疲れます。

ただ、とても気になることがあって。お兄ちゃんのころのプール当番と比べて、エライちがいなのです。子どもたちがみんなかしこいのです。大人の言うことを聞いて、ちゃんと一列で、道路の端をとおり、ちゃんと準備体操をして、注意されることもなく、時間通りに遊ぶのです。これは大人にとってとてもうれしいことですが、何となく「ホントにこれでいいのかしら」と思います。

お兄ちゃんが小学校の頃は、「先に行くな~」と言ってる先から、むちゃくちゃに自転車をこいでバラバラに学校まで行くし、体操はいい加減にしかしないし、禁止されてる飛び込みはするし、プールサイドを走り回るし、休憩になってもなかなか上がってこないし、途中で「おばちゃん、オレら帰るわ」とか言って、勝手な行動をするし・・・で、本当にひやひやする当番でした。

サッチーの学年はとても優秀で、1年生のときから学校ではそういうふうでしたので、6年生となった今、校風がそうなってきているのかもしれません。

でも、それがいいのか悪いのか・・・と私は思ってしまうのです。自主性がない。冒険心がない。「いざ」というときに力があるのは、もしかしたら、怒られてばっかりだったお兄ちゃんたちの方ではないかと・・・・。

大人がやりやすいように子どもを育てることが、大切ではないと思うのですが・・・。

yumin

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

ブルーグレイの空

今日、夕方、サッチーを歯医者に連れて行った。サッチーが治療してもらっている間、ふと、窓に目をやると、窓の向こうの風景が映画の中のようだった。
ちょうど、昔のアメリカ映画のラストの字幕が流れるときのバッグミュージックみたいな曲がかかって、窓枠がスクリーンみたいに見えた。スクリーンいっぱいの黄緑色の田園。画面に平行した道路を行き交う車。まもなく夕闇につつまれるブルーグレイの曇り空。

オレンジ色や、うすピンクやパープルの夕焼け空もキレイだけれど、真っ暗になる前のブルーグレイの曇り空がいい。

子どもの頃・・・・はじめてデートした頃・・・・ちょっぴり夕闇にドキドキしたこと、憎らしいほど懐かしく脳裏をかすめた。

yumin

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

ホールアシスト

午後からは東条コスミックホールで行われた「アクロバティック・サーカス 新世紀スーパー雑技」の芸能鑑賞のアシストに行きました。

これはこれは、本当にはじめての経験です。おやこ劇場の受付もやっと慣れてきたところ、こんな本格的な受付や会場係はちょっと緊張でした。

でも、内容が楽しかったので、お客様は家族連れが多く、クラシックの演奏会よりはずいぶん気楽だったと、あとで他のアシストの人に聞きました。知らない人に案内してあげたり、あいさつするのは結構、楽しい仕事です。

が、自分の仕事も忘れるほど、雑伎団のみなさんの演技はすばらしかったです。女の子はチャーミングでとてもかわいかったです。いちばん、感動したのは秘技だと言われる変面です。いつ変わるかまったくわからない素早さで、面がどんどん変わっていく。本当にすごかったです。

まったくわからないままのお手伝いで、こんなのを見させていただいて、感謝です。やっぱり、今日は運がいい日だったようです

yumin

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆ - ジャンル : 日記

東播人権連研修

今朝は何となく、運がいい気がして、朝からとっても気分がよかった。・・・・・と思ったら、とんでもなかった。9時からはじまる研修会の場所を間違えていて、センセイに間違えてると電話をもらい、場所を教えてもらい、けれど、いけどもいけどもグルグルまわるばかりで見つからず、悲しかった。着いたのは10時半だった。でも、あきらめて帰らなくてよかった。とても勉強になる資料がいっぱいと、いいお話だった。
研修会は昨日から泊まりであったけれど、結局私が聞いたのは、最後の「生活保護」がテーマのお話でした。神戸女子大の先生で、35年もそれにかかわって研究されている方でした。
「生活保護家庭がふえている。行政は何とかそれを抑えようとする傾向にある。その結果、餓死するという非現実的なことが起こっている」
まだ、私のまわりには「餓死する貧困層」はみえないけれど、「明日が我が身」と言ってもおかしくはない。ワーキングプアの子育てママたちの心労を訴えたい私の思いもきっとそれに通ずることなんだろうなと思いました。

大遅刻でしたが、行ってよかった。資料は大切に保管したいと思います。ありがとうございました。

yumin

テーマ : 報告 - ジャンル : 日記

歴史教育者協議会全国大会

昨日は「全国歴史教育者協議会」という学校の先生の研修会があり、夜の分科会に講師としておよびしていただいたセンセイのお供で神戸に行った。
神戸は・・・センセイが話しているすぐそばで花火大会があった。「花火の方がいいかも・・・」「ちょっとくらいは花火見たいよなあ・・・」と思いつつ、センセイの著書の売り子をした。
もう少しで終わるというころ、ひとりの若い女性の方が、「分科会まちがっちゃって」と私のところにこられて、本を買ってくださった。そこで、私は、ひとしきり話し終えているセンセイの教室の入り口で女性に本の説明をした。主に同和行政の終結がメインの話。女性は「同和問題」なんて教師になるまで知らなかったし、今もよくわからないんですけど・・・と。
同じ日本でもこんなに差があるんだから、一概に、同和問題を語ることって、むずかしいんじゃないかなあと思った。知らない人にとっては、「歴史の教科書にでてくる知識としておぼえる昔のこと」でしかないんだなあ。その女性と話したほんの少しの時間がみょうに楽しかった。
花火は見られなかったけど、なんかひとつ違う世界が見えて、よかったなあと思った。たくさんの資料も全部、目をとおして、いろいろ勉強になることもあった。

花火のおかげで、交通渋滞にあい、いっしょに行ってくださった後援会の方にはとても申し訳なかったですが。

yumin



テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。