スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小4国語「3つのお願い」

souちゃんは今、国語で「3つのお願い」というお話を勉強しています。
「このお話、どう?」
とsouちゃんに聞くと、
「あんまりおもしろくない」
というので、
「souちゃんは、モチモチの木の方が好きなんや」
と私がいうと、
「そうやなあ」と。

3つのお願いは外国のお話らしいなあという感じがします。
なので、子どもにとって、生活習慣がちがうようで、
何となく、入りにくいのかもしれません。

3つのお願いを、2つムダにつかってしまい、3つめで
元にもどる。話の展開にもあんまり広がりがないのかな。

そこで、サッチーが、「じゃあ、souちゃんの3つのお願いはなに?」
と聞きました。
「ぱそこんと、不老不死と、世界平和」
あんまり子どもらしくないsouちゃんです。

yumin
スポンサーサイト

『ペンペン草』発行

那珂ペンクラブ発行の随筆集『ペンペン草』が完成しました。
先週、例会があり、10冊買ってきました。

私は5号からの参加で3度目の投稿です。
前号にひきつづき、お兄ちゃんと私のやりとりを綴った作品「高校野球」です。
中学3年生のときにテレビで見た公立高校の試合に感動し、
高校生になって野球部のマネージャーをした話を息子に打ち明けるという
ストーリーです。

今まで、恥ずかしくて、誰にも渡しにくかったのですが、
今回からは勇気を出して、PRすることにしました。

1冊500円です。

おなじみの会員のみなさんの、すてきで、ユーモアあふれ、心を
動かす作品がそろっています。

ぜひ、読んでみてください。 yumin
ペンペン草



参観日&PTA

先週は小学校の参観日でした。
これまで、役員でないときもまじめに出席していたPTA総会と
懇談会ですが、久しぶりに小学校は欠席しました。
というのも、お兄ちゃんが幼稚園のときから12年、ちょっと飽きました。
懇談会の内容も、お兄ちゃんのときは新鮮でしたが、
すごくつまらなく感じて、どうも気が進まなかったのです。
参観日で、長いことお休みしたけど、元気そうなsouちゃんの姿を見て、
安心して帰りました。

昨日は、中学校の参観日でした。
午前中、ルート427の日で、田園空間博物館のイベントの手伝いに行き、
そこで、友人に
「総会は行かない」というと、
「私は一度も欠かしたことないで。行こうよ」というので、
まあ、中学校はまだ目新しいこともあるし、と思い、参加しました。

でも、やっぱり疲れてしまいました。毎年、同じ原稿に名前を入れ替え、
金額を入れ替えるだけの総会、あいさつにも特に魅力がありません・・・・。
何とかしないと、出席者は減るばかりです。

その中で、昨日、一つだけ、いいお話がありました。
教育委員会の方の来賓祝辞で、医療問題を引き合いにだされ、
医師と患者の信頼関係は、学校と家庭の関係と似ているということでした。
私もかねてから、そう思っていたので、
すごく共感しました。

さて、サッチーの様子はといえば・・・隣の席の子と、
おしゃべりばっかりして、困ったものです。
でも、ちゃんと考えていること、質問に対する答えがきっちりできていること、
は、ほめてあげたいと思いました。

次は高校の参観日と総会です。
今年はパパが役員をしているので、私は参加しません。
総会のあとの進路の懇談で、
お兄ちゃんはパパが先生とどういう話をするのか
心配しています。私は傍観者で、その様子を想像して苦笑してます。

yumin

春爛漫のわがや

チューリップとサクラソウが満開の我が家です。
ばあちゃんが昨年植えた球根が残っていたのか、
チューリップは他品種です。
サクラソウもいつ植えたのか、こんなに増えていたんだなあと
思いました。

ばあちゃんにも見えますように・・・。

チューリップ

カテキョ先生

高校が進学校でないので、まわりが受験勉強をしていないし、
大学には行きたいもののあまり実感のないお兄ちゃんを見かねて、
パパがカテキョを契約しました。
パパってすご~いと感動してしまいました!!

お兄ちゃんは最初、そんなこと勝手に決めてくれるな!と
怒っていましたが、カテキョ先生がとてもいい方だったので、
素直に勉強しています。

先日、部活の総体が近く、お兄ちゃんは時間になっても帰ってこないし、
パパも帰ってこないので、
私がカテキョ先生とおしゃべりをしていると、
なんと、先生も私と同じ時期に同じ大学の通信で
教員免許を取得されたそうで、
すっかり話がはずんでしまいました。

先生は自分の経験をもとに、進路に悩みながら勉強する中高生に、
どうやったら勉強が身につくかを指導されているようで、
ただ、勉強を教えるということだけでなく、
将来のことを考えることもアドバイスしてくださるようで、
本当によかったなあと思います。

また、お兄ちゃんをみていて、
「経済学部めざすより、小学校の先生なんかあってるように思います」
とおっしゃるので、お兄ちゃんにいうと、
妙に納得するので、本当に、進路変更するつもりかもしれません。

先生は、「とくに何か目指すものができるまで、
フリーターでも浪人でも、本人が見つけるまで
大きく構えていてあげるのがいいと思いますよ」と言われ、
決めないといけないことが目の前にあるから、
必然的に決めるということではなかったんだなあと
改めて気づきました。

子どもの進路を決めるということは、私たちもはじめての経験、
いろいろ勉強になります。

yumin

サッチーとコイバナ!

中学生になって、とっても楽しい生活を送っているサッチーですが、
友だちの層が変わったせいか、やたらとコイバナをしたがるのです。

本人は好きな子とかいないのですが、
友達の話とか、私に、
「コクられたことある?」とか「もてピークあった?」とか
いろいろ聞いてくるし、
恋愛ドラマは再放送まで見ているし、
そういう年頃なんでしょうねぇ。。。

わらっちゃいけません。

うらやましい限りです。

サッチーもいつか自分のコイバナをしてくれることを期待したいと思います。

yumin

コンパスとsouちゃん

souちゃんは限りなく不器用で、また、自尊心が強くて、
人に笑われるのがたまらなく苦痛なため、できないことは
がんとしてしない子です。

こういう子にどうやって、苦手なことをさせるか・・・
という“やりがい”をおおいに持たせてくれるsouちゃんです。
教師志望だった私にとってたいへん、ありがたいことかもしれません。

1年生のときは、ピアニカに苦労しました。
夏休みや冬休みに、何とかおだてて、練習させて、
やっと、弾けるようになりました。一度できると自信もち、
何度かやったら、できるんだという安心感もできて、
どうにかクリアしました。
(まだまだできないことはほかにもあるんですが・・・)
3年生ではもちろん、リコーダーができません。
これは練習してやる機会がなかったので、
まーったく、吹けません。
春休みに、これではいけないと思い、
教科書のリコーダー導入から、練習しました。
すぐに熱を出してしまったので、少ししかできませんでしたが、
何とか、最初の曲はできました。
アホみたいなことですが、
souちゃんは自分の出す音が友達の出す音とまったくちがっていたため、
それだけで、やる気をなくしていたようでした。
練習して、1曲間違えずにできて、
「友達と同じ音が出せた」というものすごい自信ができたようでした。

さて、新学期、一週間も休んだsouちゃん、
先生がもってきてくださった連絡の中の「コンパス」というのを見つけて、
私はまた、危機感をもちました。
「たいへんだ!コンパスの練習せなあかん!」

お兄ちゃんとサッチーに、
「コンパスでマルがかけない子っているよな?」
と聞くと、
「そんなん、おるわけない」
「じゃあ、最初はみんななかなか書けへんかったやんな?」
と言うと、
「最初からだれでもかける」
と冷たい返事が・・・・。

案の定、souちゃんはなかなかマルがかけなくて、何度も、何日も練習して、
やっと、かけるようになりました。

souちゃんは学校にいって、算数の時間におおいにがんばっていたそうで、
今日、先生から話を聞いて、胸をなでおろしました。

できないからいけないのではなくて、
自信をなくして、
「どうせボクはできないんだ」とあきらめてしまうこと、
できないことは知らんぷりをとおしてしまえばいいんだと
思ってしまうことから脱却して、
努力は報われること、やればできるということを
自分で習得することを身につけてほしいと
思います。それには繰り返しその体験が必要です。

それにしても世話のやけるsouちゃんです。
でも、子どもがみんな世話のやけない子どもなら、
親は成長できないから、たいへんありがたいことです。

yumin

地域医療勉強会

昨夜は事務所の勉強会があり、医師の先生から地域医療のお話をききました。何度もお話しているし、Pi-chiクラブでは原稿依頼もしているとはいえ、私が実際にお話をきくのははじめてでした。

国の予算の中で医療費が少ないこと、医師の数が少ないこと、小児科医の数が減っているのでなく、
女性の医師が増えているために、実際に常勤できている絶対医師数が少なくなっているということ、
西脇病院の勤務医状況、若い医師の先生方のモチベーション低下の問題・・・・などのお話を聴きました。
1時間半があっというまで、あと30分は質問で、話がつきませんでした。
参加されたみなさんの大多数は、私がはじめてこのことを知ったときと同じように、
「どうしたらいいんだ!」
「住民に何ができるんだ?」
という歯がゆい思いをされたようでした。

しかし、今からが大切です。政治政策うんぬん関係なく、
病院と地域医療の崩壊を防ぐために動くグループをつくって
行く必要があります。

今まで、ひとりであがいていた私にとって、
今日は大きな進歩でした。
今日の会をすすめてくださったのは元看護師さん、現役薬剤師さんです。
今後、きっと進展ある活動を続けていってくださると確信しています。

私は私のできることをお手伝いしていきたいと思っています。

医師の先生は立場上、たいへん勇気のいる行動だと思います。それでも、
地域のため、病院のために、立ち上がってくださったことに心から
感謝したいと思います。

ありがとうございました。

yumin

souちゃん復活!

新学期早々、10日も熱が下がらず、心配しましたが、
ようやく元気になったsouちゃんです。

軽い感染症だったそうです。

それにしても、
仕事先の事務所では、後援会の方達に、
「座薬はあるの?」とか「薬を変えてもらい」とか
「検査しないといけない」とか・・・
いろいろ言っていただきました。

けれど、小児科医療のことをこれだけ知って、
私には小児科へのかかり方や医師を信頼するということへの信念があります。
絶対、まちがっていないという自負もあります。
でも、まわりの方にいろいろ言われると、
ただでさえ不安なんだから、迷いがでてきます。

世の中のお母さんたちはみんなこんなふうなのかなあと思います。
でも、信頼しないといけないのはやっぱり医師の先生であることは
忘れないでほしいと思います。

souちゃん、元気になってよかったね。明日から、やっと新学期がはじまります。

yumin


サッチーは中学生

サッチー中学生


先週はサッチーの中学校の入学式でした。
サッチーの友達のお母さんに、
「なんかねぇ、制服がどよ~んと大きくて、おかしくて・・・」
と言っていると、入場してきた新入生はみんな「どよ~ん」で、
笑ってしまいました。

すぐ前の席の3年生はみんな制服がちょぴーんとした感じです。
大きくなるってことだなあと思いました。
サッチーも大きくなるのかな。。。

毎日、楽しいようで、ごきげんに学校であったことを話してくれます。
この調子で、充実した中学校生活がおくれますように・・・・
あ~っ、明日はテストかっ!


yumin

今日は「すみれの会」

後援会の女性だけで作られている「すみれの会」の集会が
今日、市民会館で行われました。
130名の女性のみなさんが参加され、中ホールは満員。
選挙でもないのに、130名もの、しかも忙しい女性の方が、
うちのセンセイの応援のために・・・。すごいなあと思います。

その中には、センセイが教師時代に教えた元生徒さんや、子育てグループの方も
おられますが、大半が50代、60代の女性の方です。参加者の最高齢は87歳でした。
母を亡くした私に、
「お母さんの代わりに言うから」と体のことをよく心配してくださる方のほかに
たくさんの方が、私のことを気にかけてくださり、
センセイだけでなく、私までお世話になってしまって・・・
本当に感謝しています。

老けていくことに、抵抗するのが女性だと思いますが、
若いばかりがいいのではないなあと、今日はつくづく感じました。
人間として、先輩であるみなさんの懐の広さ、あたたかさには
いつまでもかなわない気がします。

女性が政権をとれば、世界は平和になる。
母親である女性は、いちばんに自分の子どもや孫のことを
考えるから、絶対戦争などしない。

そんなことを言った人がありました。

女性のみなさんが女性ならではの感性で、
政治を見つめていてほしいと思います。

この応援団がいるセンセイは何より心強いと思いました。

yumin




心配・・・

souちゃんが、先週の水曜日から熱を出しています。もう、1週間になります。
心配です。

4年生のsouちゃんのことでさえ、心配なんだから、
もっと小さい子どものお母さんなら、もっと心配だろうなあ。
夜中であろうが、休日であろうが、
とにかく、病院に行きたい。
診療所では安心できなくて、やっぱり病院行って、
検査もしてもらって・・・・とか思うよねぇ。
このままよくならなくて、入院することになったらどうしよう。
いや、今の状況では、とても考えられない・・・・。

子どもが本当に病気になって、あらためて、
わかる小児医療の大切さです。

いくら、小児科医の負担の軽減を・・・などと言っていても、
やっぱり、診てもらいたいと思ったときは
受診できることが必要。
そういわれた小児科を守る会のお母さんの言葉を
実感します。

今週は学校にいけないかなあ。。。。

yumin

政務調査費

今、仕事では、政務調査費の報告書をつくっています。
まあ、これまでからつくっていたPi-chiクラブの助成金の報告書と
そう変わりないようなものですが、
これって、人によって、使い方が違うんだろうなあと
思いました。

なんでも、神戸や阪神間の、県庁に近い議員さんは
事務所をもたなくても、県議会の議員控え室で
事足りるそうで、自宅から通えて、事務費もいらないし、
これって、すごい差じゃない?という感じです。

申し訳ないですが、こちらの政務調査費は私の報酬が
4割です。いろいろな仕事をしていますが、
私はけっこう調査研究に役立つ仕事をしていると思っています。

でも、もし、私が議員ならどうするかなあと考えたとき、
まず、事務所は持たない。連絡は携帯。
コンサルとか大学に依頼して、
本格的に調査するかなあ。
会派に入って、面倒な事務や賛否などは、それに準じて、
自分は自分の思う研究をすすめる。。。
そのためにお金をつかう。

事務所にこられる方が、
「議員って、行事にあいさつしたり、祝電や弔電送ったり、
するのが仕事じゃないでしょ?よけいなことに労力やお金使わないで
本当に住民のためになることしないと・・・」
といわれます。

そんなことはみんなわかってます。だけど、この昔からの慣わしが
抜けない田舎では、そんなことがなかなか通用しないから、
いそがしくなって、何をやっているのかわからなくなってしまうのです。

むずかしいものです・・・・・・・・・。

yumin

先週まで、超いそがしくて、
週末はダウン寸前だったのがだんだん収まり、
睡眠不足も解消されたと思ったら、
手術後減っていた体重もほとんど元にもどっていました。
先週までずり落ちそうにユルユルだったスラックスが、
あれ?ぴったり!ふ~ん、そんなものか。
でも、何より、健康第一です。

今日からサッチーが夜のお絵かき教室に通いはじめました。
souちゃんは今までどおり、午後の教室に行くので、
2回も送迎をしなければいけません。
よって、事務所で仕事をして待っていた時間も倍になりました。

春になると、いろいろ環境が変わります。
また、その新しい環境の中で、新しい人やものとの出会いがあります。

今年はどんな出会いがあるのかなあ・・・。

yumin


新年度にむかって!

一昨日、パパが
「明日は31日やから、机の中もまわりも全部片付けて、
新しい学年の用意をするように!」
とサッチーとsouちゃんに言いました。

私が終業式から毎日言っているのに、「また明日するから・・」
を毎日繰り返していた二人でしたが、
昨日、仕事から帰ってくると、「おおっ!」机がキレイになっていました。
で、ゴミの山。

サッチーは「私、今日は一日、掃除しとったわ~。懐かしい物が
いっぱいでてきて・・・」とうれしそうに話し、
souちゃんは、「かあさん、みてみて」と引き出しをひとつずつ
あけて、きれいに整頓したところを見せてくれました。
ふと、見ると、よこのおもちゃ箱があふれんばかりに賑やかでした。
はは~ん。souちゃんは、机にあったものをここにつっこんだんだなあと
思いましたが、まあ見ぬふりをして、ほめてあげました。

さて、パパは今度はお兄ちゃんに
「もう3年生になるんやから、遊んでばかりおらんと、自分の行きたい大学の
過去問調べるとか、どこに重点おいたらいいか先生にアドバイスしてもらうとか、
やらなあかんぞ!」
と言いました。
お兄ちゃんは、気分わるそーにしていましたが。

確かに私はやさしすぎて、甘すぎて、その結果、子どもたちがこんなに
のんびり屋になったのかもしれません。パパはそのことにイライラしているのです。

ごめんねぇ、子育て、下手で。でも、こんなにいい子たち、そこらにいないよ~。

さあ、新年度だ、ふぁいとぉっっっっっっっ!

yumin



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。