スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シカ!その2

今日、お昼に買い物をして帰ってくると、
おおっ!畑にシカが!

写真、写真・・・と車をとめて、あわててケイタイを出して、
あわてているのは私。。。シカは私を見ても知らん顔で、
草を食べています・・・。
どういう心境なんだろうなあと思いつつ。
今日は撮影に成功!

昼食後にはまた、きていました。
うちの草おいしいのかしら~

と思いながら、でも、今日は草引きの予定だったので、
申し訳ないのですが、シカを追い出しました。
シカはそれから後は戻ってきませんでした。

シカ
スポンサーサイト

ひょこむよさこい踊り子隊練習2

昨日、午後は加古川の「かこむ」に
ひょこむよさこい踊り子隊の練習に行きました。

2回目です。やっと完成したようで、最後までやりました。
やっぱり、踊るのは楽しいです。
いろいろ準備してくださっているみなさん、
本当にありがとうございます。
私はただ踊るだけですが、
舞台に出ようと思えば、雑務だけでも
とてもたいへんな仕事だと思います。

来週はおの恋の抽選会です。

どうかうまくひょこむのPRができますように・・・。
「よさこい」のところの
「ひょこむ~、よいとこ・・・」の歌詞おもしろいし・・・。

yumin

ソフト部優勝!

昨日は中学校の総体で、午前中だけ応援に行きました。
サッチーははじめてのユニフォーム姿・・・
なかなか似合ってました。背番号はないけどね。

さて、黒中ソフト部は、昨年は3年生が1人と2年生が8人、
1年生が4人のとてもぎりぎりのチームで、
たいへんだったようです。
保護者会の会長さんの話によると、
1年生から試合に出ていた今の3年生は
最初ルールもわからないまま試合に出たとか。。。
毎試合、コールド負け・・・いやになるほどだったそうです。
それが、昨年度は県大会出場まではたして、
本当にいいチームに育ってくれたと感動されてました。

さて、今年、1年生は13人。
野球、ソフトボールの経験者が5人。
もうすでに、その子たちは試合に出ています。

南中の部員の子たちは、みんな見かけから、
ショートカットで活発な感じ。
ピッチャーは力がありそうな速球を投げてきました。

が、見事、うまくつなげて、先取点、
また点を取られて危ない雰囲気にも、追加点を入れて、
ついには1点差で勝ちました。
1年生も大活躍でした。

実は私も中学のときはソフトボール部でした。
意外な感じと思われますが、運動もけっこう好きだったんです。

サッチーは、最近はがんばって朝練もいってるし、
取り柄の優れたバランス感覚でもって、
いづれは活躍を期待したいものです。

ちなみに、3年生は私が教育実習に行ったときの学年の子たちで、
なんか見ていると、すごくうれしいし、大きくなったなあと感動しました。

とにもかくにも、おめでとう!!

yumin

半年ぶりに運動・・・

今日は半年ぶりに運動をしました。
ずっと前からsouちゃんがバドミントンにつれていってほしいと
言っていたのに、どうも動く気になれず、
いけなかったのです。

でも、souちゃんがあんまり毎週言うので、
今日はがんばっていってみました。
走るのがしんどい・・・
最初、だいじょーぶかいなぁと思ってましたが、
やりはじめると体が動きたがって、
楽しくなりました。

指導してくださる方がおられて、souちゃんは教えていただきました。
でも、souちゃんはあんまりうれしくなさそうなカオで。。。
ナントカがんばっていました。
また、続けていきたいです。。

う~っ、今週は出ずっぱりだ。
大丈夫かなあ・・・。

yumin

議員のホントの仕事

今年から、住民のみなさんといっしょに地域の課題について、
勉強する会をしています。

この会の位置づけをどのように考えたらいいのか、
悩んでいましたが、会派の研究活動の一部として
考えればいいのではと思いつきました。
・・・勝手なことなんですが。

まちづくりと議員活動はどうも相容れないもので、
これまで出会ったまちづくり活動をされている団体やNPOは
議員にはきてほしくない、議員が入ると派閥ができる、
議員がくると困る・・・と複雑なようでした。
また、実際にまちづくり活動から議員になった方からも、
思っていたのとちがう、議員でまちは変えられない、
ということをお聞きしていました。

でも、議員は税金から報酬をもらい、住民の代表として仕事をしているのだから、
まちづくりの活動の先頭にたっても、本当はいいわけで、
何もかも「選挙」というややこしいことのために、
おかしくなっているようにおもう。。。

叔父が
「ほとんどの議員は選挙に勝つために議員をしよる。だから、おかしいんや。
議員になったら、次の選挙のことなんかどうでもええ。住民の役にたつ仕事をするために議員やるんや。勝つために議員するもんばっかりでは、いいまちなんかできひん。議員なんかいらん」
と言った。その言葉がいつもこだましている。

議員だからしないといけないホントの仕事を、
住民とともにできれば、議員は本当に役に立つ。

住民とともに地域の課題について考え、
これは行政に提案すること、これは住民でできること、
これは地区同士の協力ですすめていくこと・・・等に分類し、
議員ができることを最大限にやってもらえばいいと思う。

うまくいけば、議員活動のよい事例になっていくのでは、と思う。

yumin

シカ!

土曜日のお昼、庭で物音がするので、
souちゃんと「おじいちゃんかなあ」
と言っていると、
ナント、キーウィの木の下に、シカが!

私の姿を見て、あわてて、となりの空き地へ。
そこで、またじっとこちらを見ていました。
写真撮れればよかったなあ・・・。

隣の家の人が、庭中に網をはりめぐらせているので、
「どうしたんですか?」とたずねたら、
「シカが畑の野菜も花も食べにくるのよ~」と。
「夜中にですか?」
「い~え、朝から・・」
「へえ~」
と他人事に聞いていたのに、
おじいちゃんが、
「畑の野菜のつるの芽がみんななくなってる」と。

自然と共生。。。スゴイ田舎だなあ、いいとこだなあ。
でも、なんで、人の家にくるのかなあ。

そうそう、この間はキツネもいたんです。
souちゃんに「わあ、ゴンや」と言うと、
「母さん、ゴンは撃たれて死んだで」と言われた。
ノリがいいのか悪いのか・・・。

yumin

ラストフレンズ

先週、長澤まさみのラストフレンズが終わった。
毎週、サッチーはたいへん楽しみに見ていた。
毎週、いっしょに見よ~よと誘われても、
「んな、おそろしいDVなんかのドラマ見たくない」
とお断りしていたので、サッチーは1人でみていた。

が、ラストフレンズを見ていたサッチーになんか用事の話をしにいって、
そのまま、見入ってしまい、結局、後の方の数回はいっしょに見た。

むずかしいドラマだった。

ラストはさらに分析しようのない結末だった。

ただ、最近気になることは、
やたらと簡単に、若い子が子どもを産む決意をすること。

アメリカでは15歳くらいで、友達といっしょに出産する
グループがあると新聞に出ていた。

いや、あの、私はいたって、オバサン的思考で、
「まだ早すぎるから、子どもなんて産んではいけません」
と言っているのではなく、
生まれてくる子ども第一に考えたとき、
子どもが健全に成長できる環境が整えられないとしたら、
子どもを産む権利はないと思う。
好きな人の子だから、とか、子どもがかわいいから、とか
そんなもんで子育てはできない。
そんなこと子育てをした人ならだれだってわかる。

いくら少子化に貢献できるとしても、
いのちの大切さをつたえることが必要だとしても、
1人の人間をつくることに責任と重大さをもたなくても
いいような風潮を助長するのはやめてほしい。

ラストフレンズを見ると、毎回眠れなかった。
本当に現実に問題になっていることをマザマザと知らされているような気がした。

それから・・・
児童相談員の仕事がしたいと思うようになった。

最近のサッチー

なあ、オネガイ~っ、パパにおこづかいをもらっていた。
自分のおこづかい全部本とマンガにつぎ込んで、
友達と遊ぶときにはお金がないんだ、サッチーは!

で、パパにもらう。ムシのいいやつ。

最近、サッチーはえらく元気になった。ときどき、愚痴はいうけど、
ちょっと言ったらおさまるらしく、また元気にしている。

中学校になって、友達も変わったし、
気を遣うことも多いだろう。
いろいろなタイプの友達がいて、なんか楽しい。
サッチーはだれとでも仲良くできるので、安心もする。

部活が休みになると、私の妹に電話やメールして、
いっしょにDVDみたり、ケーキを食べにいったり、
たいへん優雅に過ごしている。ウラヤマシイ。

サッチーは勉強なんてまったくしてないとパパは言うけど、
いつもちゃんとしていることを私は知っている。
けっこう、えらい。
絵の教室以外に塾も習い事もいってない。
英語はむずかしいし、わからへんことも多いけど、
いちばん好きな科目らしい。

夏休みにいっしょにミュージカルを観に行く予定を入れた。
サッチーは母さん孝行と思っているかもしれないけど・・・。

yumin



最近のsouちゃん

最近、souちゃんはyoutubeにハマっている。
早朝からPCの前にいて、なんかわからないヘンなアニメを見ている。

かと思えば、自転車で行くにはちと遠い友だちの家に
遊びに行って、帰ってこない。
私は心配で、そこら中を探しまわったのに、
近くの友達の家で、30分も寄り道をしていた。

お兄ちゃんは1年生から、校区内ならどこでも自転車で
遊びに行っていた。しかも、私はそのことに驚きもせず、
元気でいいと思っていた。
けれど、souちゃんはもう4年生なのに、こんなに心配して・・・
と思うとおかしい。

4年生は小学校生活の中でいちばん自由で腕白な学年だ。
自分たちでできることが増えて、考えて行動できるようになる。
また自分に合う友達、遊びもわかって、行動範囲も広がる。
冒険心ももちろん旺盛になる。
新しい知識もどんどん吸収していく。

souちゃんも4年生なんだなあと思う今日この頃。
いつもほげーっとしているのかと思っていたら、
この間の参観日では、てきぱきと勉強していた。

でも、どこで仕込んでくるのやら、3人の中でいちばんPCをあつかうのに慣れている。
「オタクやぁ」と笑ったら、怒った。




アラフォー

最近の話題、あら、私の世代じゃないのと思い、
おかしくなった。
アラウンドフォーティ・・・40歳前後。結婚するかしないかの最後の選択。

うらやましいを通り越して、なんで同じ歳なのに、
この差なんだと笑ってしまう。

こちとら、数年後に孫ができてもおかしくないのに・・・。
体の老化を感じているのに・・・。

先日、コンサートで、以前イベントの実行委員会でお出会いした方と
エレベーターでいっしょになった。

50代後半か60歳くらい?
いつみても惚れ惚れする。あんなふうに歳をとりたいと思う。
自分より年下の女性に、あんなふうに歳をとりたいと思ってもらえる女性に
私もなりたいなあと思う。

40歳は結婚の最後の選択だけでなく、
何か見極めの歳のような気がする。
この夏はミニスカートを処分しようと思いだした。
私もついに、一人前の大人になってきたんだ、きっと!

年相応の女性になれるように、がんばってみましょう・・・。
世の中のアラフォー世代のみなさんも、がんばってね。

yumin

ソフト部試合見学。。。

さて、昨日、がんばって姫路まで行けたのは、
次の日に休息できるという心づもりがあったからでした。

が!中学になって、ソフトボール部に入ったサッチーは、
また今日も試合。5時半起き?しょっく~。
昨日はお兄ちゃんが準備のために6時に学校に行ったので、
これまた5時起きだったんだ!

まあ、いいさ、あとで、寝よう。

と思っていたけど、朝に弱いサッチーが、病人みたいな顔で、
出掛けたので、心配で、心配で。
パパを起こして、三田まで試合を見に行くことにした。

午前中、2試合。1勝1分け。
サッチーは初心者なので、試合見学だけだけど、
経験者の友達は1年生ながら、試合にでていた。
1年後にはサッチーもあんなふうに試合できるようになるのかなあと
楽しみに思った。
朝の病人顔も消えて、元気にしていた。

帰ってきて、午後からまた寝ようかと思ったけど、
サッチーががんばってると思うと、寝る気になれず、
庭の草引きや掃除をした。

結局、土日、まるっきり休めなかった。
でも、サッチーががんばって2日とも試合にいけて、
帰ってきて宿題もできたこと、ホントにうれしかった。

庭がキレイになったことも、よさこいの練習にいけたことも
うれしかった。

今、わぁ、きた。。。という感じで、しんどい。
早く寝て、回復しよう。

yumin

ひょこむよさこい踊り隊

金・土はお兄ちゃんの学校の文化祭でした。1週間くらい前から、
毎日準備で帰ってくるのが遅かったけど、結構楽しそうだった。
お兄ちゃんが明るいと、みんなも明るい。
夕食が楽しかった。
昨日は本番。お兄ちゃんのクラスは「恋空」の劇をしたそう。
お兄ちゃんの机の上に台本があった。
残念ながら、見にいきませんでしたが・・・。
パパはPTAの役員なので、一日お手伝いに行きました。
ごくろうさまでした。

さて、私は、ひょこむよさこい踊り隊の練習に姫路まで行きました。
兵庫県の地域SNSサイト「ひょこむ」のPRに、
姫路よさこいまつりとおの恋おどりに参加するのです。
にわかチームで、練習も計5回。昨日は2回目。

はじめてお会いした方ばかりなのに、本当に
はじめてとは思えないほど、和やかで、居心地がよかったです。

それにしても、PRのために、
踊り隊を結成し、曲と詞を作り、振り付けする・・・
それができる人がいて、手伝う人がいて・・・ひょこむってすごいなあと
感心します。
あらためて、私、地域SNSのすごさを思い知らされてます。

よさこいは地域にこだわるから、地域を盛り上げることができる。
ひょこむ恋来い節を聞くと、ホントに、楽しくなります。

今まで、できた曲に振り付けたものしか知らなかったから、
振りに合わせながら、曲のフレーズやテンポも変えることができるのにも
驚きました。
衣装も手作りですが、みなさんのアイデアを聞くと、感心します。

超たのしいことを発見した気分で、さあ、当分、ハマりたいと思います。

yumin

よくわからないんですが

朝、6時頃起きて、お弁当を3つ作って、
サッチーとお兄ちゃんとsouちゃんとパパの朝食の用意して
(みんな、それぞれメニューがちがうのです)
それぞれ順番に送り出す。
洗濯して、掃除して、8時。
自分の行く準備をして、仕事に向かう。

夕方6時に仕事を終えて、帰る。
夕食を作りながら、洗濯物をたたみ、
夕食を終えて、片付けて、
アイロンがけをして、
souちゃんやサッチーの勉強をみてやって、
おしゃべりして・・・9時。

souちゃんに本を読んでやって、サッチーが眠るのを見届けて。
二人といっしょに寝てしまうか、パソコンにむかうか・・・。

普通の日常生活が今はすごい満足で幸せで。
夜に会議や用事に出かけて、
夜中に家事やパソコンをしていたこれまでのことが信じられない。

ムリをしたらどうなるかが、ちょっとこわくなった。
体調が悪い日が続くと、もし、入院などして、
また家族に迷惑をかけたくないという思いがすごく強くて。

今の生活のリズムをこわしたくない。

やらないといけないこともたくさんあるけど、
ここはひとまず、休息。健康第一。

ということで、どこもいかないので、あまり書くこともないんですが。
yumin

カット

先週、カットに行きました。
けれど、だれも切ったことに気づいてくれません・・・。

15センチは切ったのに。

またまた、すごく気に入ってます。
写真を載せたいくらいデス。

おまけに、巻かなくてもいいし、まとめなくていいいし、
何もせずにそのまま外に出られて楽ちんです。

若くてステキな美容師さん、いつもいつも、ホントにありがとう。

yumin

オンナはつらい

昨日、病院に行った、
術後、体力が回復し、快適な生活をおくれていたのに、
2週間ほど前から、また腹痛がはじまった。

薬を飲んでる、診察にもいってる、これはストレスというやつに
ちがいない。とにかく、あせらず、できることだけしようと
思っていたら・・・

やはりそれは「気のせい」ではなかったようだった。
「実は手術する前と検査結果の数値が変わってないんで、
気になってたんです」って、ちょっと、センセー!

もう、私は、二度と入院も手術もしたくありません。
お腹痛くてもいいです。

オンナというものは、こうして年をとっていくもんだって
いうことで、覚悟しておきます。
子ども達がいた子宮を憎めません。

以上

もう、ちょっと、子どもが大きくなるまでは、がんばらねば。。。。

ガールズブルー

サッチーがまた例のごとく、
「母さん、読む本がない!」というので、本屋にいっしょに行った。

おこづかいはほとんど、本とマンガにつぎ込んでいる。
図書館で借りたら、一日で全部読んでしまい、
買った本は3回も5回も読み直し、そのうち、読む本がなくなったというのだ。
呆れる、ホントに!

またヘンなケイタイ小説なんか買うよりはいいと思い、
「サッチー、これにしいよ、おもしろそう」
とすすめて買ったのがあさのあつこさん「ガールズブルー」

あさのさんは、自分の高校生の娘さんを見ていて、
この小説を書かれたそうで、
私は読んでいないから内容はしらないけど、
その心境、わかるなあと思った。
サッチーをみて、小説かけそうやなあと思う。

毎日、毎日、寝るまで、しゃべっている。
友達のこと、先生のこと、部活のこと、
人が言ったことをそっくりそのまま記憶して再現してくれるので、
話が長くて、ときどき(ホントはいつも)疲れる。

でも、楽しい年頃やなあと、ほほえましく思う。
中学生らしい成長をしているなあとうれしく思う。

また、そのうち、それを物語にできるといいなあ・・・。

yumin

第504回「雨にまつわる思い出ありますか?」

今から10年くらい前になるのかな?私が佛大の通信で勉強していたときのこと。
高卒の私は、専攻の教育学の前に、一般教養の科目の単位を取らなければ
ならず、なんてたって、佛大なもんだから、「仏教」という科目もあったのです。

佛大は法然上人の浄土宗でしたが、
講義など聴いても眠くなるばかり、さっぱりわからないのですが、
試験に通らなければ、先に進めません。

そこで、近所のお寺の住職さんに、教えていただくことにしました。
数回、お寺を訪ね、教えていただきました。
若いのに、とても熱心な方で、お説法の上手な住職さんでした。
仏教のことなどよくわからない近所の若い人を集めて、
勉強会も実施されていました。

ちんぷんかんぷんな質問をする私に、わかりやすく説明をしてくださいました。

最後にお会いしたのが雨の日でした。
雨脚が強く、サンダルも足もびしょぬれで、お寺に入り、
話を聞いて、冷たいので、早く帰ろうと思ったのですが、
あまりにも熱心に話してくださるので、帰るに帰れず、
最後には、私の勉強部屋ですといって、パソコンがある部屋にまで
通していただき、本も2冊貸していただきました・・・。

実はもうそのときには、寺を出る覚悟でおられたのでした。

数日後、村のだれもが知らないうちにひっそりと
姿を消してしまわれました。

いろいろと苦悩がおありになったことだろうと思いました。
でも、最後に出会った雨の日の住職さんの
「ここに入ったのはあなたがはじめてですよ」と言った
はにかんだような笑顔が今でも、記憶に残っています。
本も返せぬまま、私の本棚に今でもならんでいます。

おかげで、無事に大学を卒業することができました。
そして、大切な教えを説いてくださったこと、心から感謝しています。

yumin

子どもの成長・・目に見えて

私の言うことをまともに聞いてくれるのは、もうsouちゃんだけだ・・・

サッチーもお兄ちゃんも、もう私の思い通りになんてならない。

いつのまにか、子どもは成長している。

筆箱の中に鉛筆が入っているか、この間まで心配していたsouちゃんの筆箱には
もう、いつも鉛筆が入っている。

いつも、夜遅くまで眠れないと、私を待っていたサッチーが
自分で、早く寝る日やテレビを見る日を調整して、
宿題も部活も何とかがんばっている。

敬語や礼儀、いつのまにか人との接し方を学んで、
私に、「お世話になったから礼を言ってくれ」
というお兄ちゃん。
進路も私たちが心配するよりも落ち着いて考えているようだ。

大きくなってきた子どもたちが、
いつまでも私の言うことなんかきかないのは
当たり前なのに、
成長はうれしくもあり、さみしい。

お兄ちゃんは先々週18歳の誕生日を迎えた。
サッチーは今日13歳になる。

あんまり早く大きくならないでほしい・・・・・・

yumin



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。