スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みの宿題おおづめでゴザイマス

うちの子どもたちときたら、夏休みの宿題、まだ終わってないんです。souちゃんはただいま、読書感想文に挑んでいます。
サッチーはもっとひどい。。。あと4ページとかいってます。
まだ、絵と読書感想文と社会の新聞をつくらないといけないそうです。
いくら言っても、
「だいじょーぶ。何とかできる・・・」って

うちの子どもたちは、あと何日で夏休みが終わるのか、わかってないみたいです。
私は今週は夜どこにも行かず、宿題番人になってます。

なんでこんなに計画性がないのかねぇ・・・

yumin
スポンサーサイト

未来をひらく少年会議

今日は北播磨・東播磨の中高生が集う
「未来をひらく少年会議」に参加しました。
500人委員会OB会からお誘いがあり、
子どもの集まるところなら喜んで!!
と引き受けました。

テーマは国際理解・協力「私たちにできること」。
JICAの方の「マダガスカル」の説明を聞いて、
もし世界が100人の村だったら・・・に基づき、
参加の140人の村だったら・・という体験をした後、
グループにわかれてのワークショップをしました。

集まっている子どもたちは、さわやかで、
かわいくて、すごくうれしくなりました。
私たちOB会の役割は、
ワークショップ進行のアドバイザー的なものでしたが、
私はちっとも役にたたなくて・・・
というか、私など必要ないんですもの。
みんなしっかりしているので、
どんどん進めてくれるのです。

帰りにOB会の方とお茶しながら、
「やっぱり子どもだなあと思った」
という話が出ました。
大人がどきっするような的を得た意見があって、
感心もしましたが、
優等生の子どもらしい意見が多く目立ちました。

吸収していく能力が高い子どもたちだからこそ、
カンタンに伝えたくないなあと思います。
本当は学校で長期的に取り組めばいいんだろうなあと思います。
大人よりも子どもの方がはるかに純粋に
国際理解も協力もできそうです。

未来をひらく少年会議


今日会えたみなさん、ありがとう。。。

yumin

オーガニックな子育て

昨日は市内で、「自然育児」にがんばっておられる
子育てママさんのおうちに行きました。
2年前まで勤めていた児童館で、
出会ったママさんの紹介で、お会いすることになりました。

まず、家にびっくり!
外国風というか、ワンフロアで、キッチンは土間、
クロスは和紙。呼び出しチャイムは、カウベル。
これって雑誌にでてくる家みたい!
子どもの遊ぶ空間を考えて家を建てられたようです。

昼食もごちそうになりました。
土鍋でつくる、粟やひえ入りのご飯。
砂糖を一切使わない野菜料理。
デザートはかぼちゃと豆乳のシャーベット。
全部、すっごくおいしかったです。

で、なぜ、紹介されたかというと
彼女は子どもを市内の保育園にいかせず、
「自然育児」を主体にした子育てをしたい
という意思を強くもっておられ、
近くに思いを共有できるお友達や仲間がほしい
ということでした。

実は私も長女を保育園に行かせていません。
都会なら何も不思議なことはないと思いますが、
私たちの住む地域では、
保育園に行って、幼稚園に行って、小学校に入る
というのが通常なのです。
私が役場に「保育園にいかせたくない」と相談にいったとき、
「昨年度の4歳児の保育園就園率は100%ですが」
と言われて、よほどの「変わり者」になってしまいました。

昨日、お会いした彼女たちも同じく「変わり者」と
思われるのを気にしていました。
でも、田舎でも、だんだんと「変わり者」は増えつつあります。

地域人としては、地域の昔ながらのことも大切にしたいです。
けれど、遠くから自然を求めてこられた方は
地域の人よりも自然のことについて勉強されていて、
知識をお持ちです。学ばせていただくこともたくさんあります。

彼女が自分の思いをもって、自然育児をしていくのを
地域の人たちが応援できれば、いいのになあと思います。
そして、そんなに広くないこの地域で、
彼女と思いを同じくするママさんに出会えることを
祈ります。

私にできることは何かなあ・・・

yumin

姫路、ストップ・ザ・医療崩壊 勉強会

今日は朝から、中学校のふれあい行事に参加して、
ドッジボールをしました。
で、その後、souちゃんの絵が入選して
飾られている市の子ども芸術祭を見に行って、
そして。。。
姫路へとむかいました。

今日もいそがしい一日だった。

ひょこむのコミュ
「姫路医療と介護を考える部屋」の勉強会に
行きました。

ちょっと遅れたのですが、
聞きたかった、女性医師のキャリア形成と
小児科医の心の相談診療についての
お話を聴くことができました。

すごく、勉強になるお話でした。
女性医師の話を聞いて、
これって、まさに「ワーク・ライフ・バランス」だなあと
思いました。
情報の共有と仕事の定型をつくれば、
補い合って、うまくいく。。。感心しました。
これは医師に限らず、女性みんなにあてはまりそうです。

さて、児童精神科医は少なく、
全国で100人もいないということです。
それなのに、うつ病と思われる子どもがどんどん増えている
そうです。
いじめで自殺する子はうつではないか、
ちゃんと治療をしていれば、命を落とさなかったかもしれない。
そんな話もありました。

発達障害も最初はすごいとまどいだったと思います。
でも、だんだんその理解と対処がわかってきたので、
うつ病に関しても、教師や保護者にその理解と対処法の
研修などを実施していけば、よいのでは、と思います。

医療の問題は本当に深刻で、
この先どうなるのか、私たち一般住民は
何をしたらよいのかわかりません。
けれど、手探りでも、前にすすもうと努力を重ねられている
姫路の方々はすごいなあと思います。
がんばって、先駆的な活動をしていただきたいです。
今日はありがとうございました。

yumin


スズムシくん!

終業式の日、souちゃんが、学校でスズムシをもらってきました。
飼い方のプリントをみて、ムシかごを用意して、
ナスビを切って・・・・

でも、それは1週間くらいすると、
すっかり忘れているかのようで、
「souちゃん、ナスビ、ひからびてるで」
「souちゃん、いつになったら、鳴くの?」

と、問いかければ、思いだし、またナスビを切って、
入れていました。

先週、ついに、はじめてスズムシが鳴きました。
毎日、いい音がひびていています。
今日、ムシかごをのぞくと、
もらってきたときからすると、びっくりするほど、
大きくなって、
どっひゃああ~!!カメラ、カメラ・・・
と写真を撮りました。

無事、成長してよかったです。
スズムシ

yumin


本日のメニュー♪

今日は朝から、
高校の奉仕作業に行きました。雨天決行で。。。
お兄ちゃんと窓ふきをしました。
先生方はみんな熱心だし、参加していた女子生徒も
とてもさわやかで、よかったです。

午後から住吉の土あそび工房で、
以前つくって素焼きしていたものに、
絵付けをしました。
サッチーとsouちゃんといっしょに行きました。

みんなうまくできました。

陶芸絵つけ3陶芸絵つけ2陶芸絵つけ


帰りにみんなで、パフェ食べに・・・
サッチーは940円のデカチョコパフェを食べました。

さて、夜サッチーをお絵かき教室に送っていって、
その後、ソフト部の保護者会がありました。
いよいよ新チームスタートだなあという気がしました。
ちなみに今週、サッチーは練習試合に打席に立ったそうで・・・。

足の筋肉痛も治まったようで、がんばってほしいところです。
今日は一日いそがしかった。
でも、楽しかった。

yumin

重要政策提言

ただいま、H21年度の予算編成にむけて、
重要政策提言を作成中です。
会派ごとの提出なので、
無所属の議員はひとりでつくらなければいけないのです。

昨年ははじめてのことで、
あちこちを訪問して聞いた地域の課題をうまくまとめられて
いたと思いました。
が、今年、課題はそうそう変わるものではありません。
といって、同じというわけにもいかないし、
ちょっと悪戦苦闘気味でした。

そこで、とりあえずできた提言案を、
いつもお世話になっている事務局のみなさんに
みていただき、意見をきくことになりました。

みなさん、地域の課題について、とても熱心に
考えておられて、意見をくださいました。
ひとりひとりがそんな思いをもっている、そのことが
すごく大切だし、うれしいなあと思います。

それを本当にいかす提言をつくってほしいと願います。

yumin


地域SNSフォーラム

31日に、加古川で、地域SNSひょうごフォーラムがあり、
「家庭教育に地域SNSは有効か?」という分科会で、
発表をさせていただくことになりました。

パワーポイントの資料をつくるのは3回目、
なかなか要領を得ないで、
どうしたらうまく表現できるのかなあと
考え中です。

家庭教育に地域SNSが有効かどうかというテーマに
どのようにつなげて、切り込んでいくかというのが
いちばん重要なポイントですが、
イメージもまだあまりわいていません。

ただ、私が発表できることは、
私の子育て経験であり、Pi-chiクラブの活動を通じた体験で、
そこにSNSが入ってくるとどうなるか・・・ということに
なると思います。

私たちが子育てママだった時代から10年近くたち、
すっかり世代も変わってしまったごような気がします。
私たちが必要としたママ友も、遊び場も、
SNSを通じて探すことができる、しかも、
気軽に選択することができる。。。

有効であるという方向で発表できるように
がんばってみたいと思います。

yumin

「ユタと不思議な仲間たち」

今夜はデートで♪。。。
劇団四季の「ユタと不思議な仲間たち」を観てきました。
友達との関係にいつも気をもむサッチーに
どうしても見せたくて、チケットをネット予約して、
2人で神戸まで行きました。

さっすが、劇団四季!って感じで、
歌と踊りがめっちゃよかったです。
前半、ちょっとつまらなさそうにしていたサッチーでしたが
最後は
「感動したわ~」と言って帰りました。

都会から転校してきたユタは
何にもやる気をなくして、まわりの子どもたちとなじめず、
いじめられていました。
そこに助っ人に登場した座敷わらしたち。
彼らは生まれてきたのに、
生きることができなかった子どもたちのたましい。
ユタに「生きていることがすばらしい」とよびかけ、
勇気をあたえます。。。
というストーリー。

座敷わらしたちがすばらしくて、感動しました。
生きたかったのに生きられなかった魂に対して、
どういう生き方をしていったらいいんだろうかと
考えさせられました。

お兄ちゃんやsouちゃんにも見せてあげたかったなあ・・・。

yumin


おの恋!

今日はおの恋おどりに参加しました。
そうです!ひょこむよさこい踊り子隊が小野にも
登場したのです。

姫路にゃ、知ってる人もいなかったけど、
小野では、知ってるカオもある。
と思うと、舞台はたいへん緊張しましたが、
前のお京さんのノリ、
後ろを見たらのariesさんの楽しそうな笑顔、
何だか緊張するのがおかしくなってきて、
きっと、ヘンな顔して踊っていたのではと思います。

西脇のチームの方から
「かわいい衣装やね」と言われて、うれしかったです!!

ばあやさんやガンコオヤジさんはどこにいても
ひゃあ~、あのチームも?このチームも?
というほど、知り合いだらけのようで、
すっかりびっくりしました。

私も「ひょこむってどこのチーム?」
と何度か声をかけられました。
PR度、抜群です。

小野の応援隊のみなさん、暑い中、ありがとうございました。
踊り子さん方、お疲れさまでした。

次は、いざ!赤穂へ! 

yumin

souちゃんの絵

昨日の夜、市の子ども芸術祭に出す絵をsouちゃんが描いた。
描いたというか、絵の教室で描きかけて放ったらかしていた絵を
一応完成させた。

souちゃんは絵を描くのがキライだ。
それでもって、まったく描かないか、
いい加減に塗りたくって終わりか・・・と思っていた・・・
ら、そうではないことにはじめて気がついた。

先週はおばあちゃんの絵を描いたら、
決して上手いとはいえないのに、
おばあちゃんの雰囲気が出ていて、いい絵だなあと思った。
私が口をはさんではいけないなあと思った。
昨年、小学校の先生もおなじことを言っておられた。

昨日もなかなか進まないし、眠くなるから、
背景の色塗りくらい手伝ってやろうと筆をもつと、
souちゃんに怒られた。
自分なりにちゃんと考えているんだなあとはじめて知った。

絵の教室の先生はsouちゃんにいつも
「大胆やなあ」と言われるそうで、
先生のアドバイスを読むと、
「大胆」と「荒さ」はちがうと書かれていた。

私は絵のことなどさっぱりわからないけれど、
ぐちゃぐちゃに、いい加減に描いているようだけれど、
これは絶対soutちゃんにしか描けない独特のものなんだろうなあと
思う。ちょっとうらやましいなあと思う。

yumin

へその西脇織物まつり

昨日は西脇の織物まつりでした。
よさこいを取り入れたまつりになって3回目、
踊る人も、同時開催のファッションショーの高校生も
ああ、西脇、若い人、がんばってるんだ!って感じがしました。

私はチームをやめて、
今年は踊りには出ないつもりだったのですが、
どうも「祭河」を聞くと、じっとしていられなくて、
にわかチームで、踊ることにしました。

メンバーはひょこむと同じように、
練習ではじめて出会った方がほとんどで、
でも、すぐに仲良くなれて、楽しかった。

踊りやめて、半年、最初の練習は息切れしてたけど、
もう3回踊ってもだいじょうぶ!!

去年は体調不良の中、必死だったけど、
今年はホントに元気に楽しく踊れてうれしかった。
よさこいって、楽しいんやぁって、ますます思った。

次はおの恋、がんばるぞ~っ!

yumin

姫よさの日、我が家では!

私は朝、6時から地域の共同墓地の清掃に出て、
帰ってきてから大急ぎで準備をして、姫路に行きました。

最終演舞が19時すぎ・・・西脇着は9時。
それから事務所で仕事をして、帰宅は10時。

あ~、流し台には洗いものがどっさりかなぁ・・・、
洗濯物は取り入れてあるのかなぁ・・・、
ケンカせずに、食事したかなぁ・・・、
お風呂掃除してくれたかなぁ・・・

帰ったら、すぐ寝たいけど・・・ムリだろうなあ・・・。

と思っていたら!

流し台もきれいに片付き、洗濯物もたたんで、片付けてあり、
みんなお風呂も入って、仲良くしていました!

ホントにわたし、シアワセだわ~っ!

と言ったら、サッチーが不機嫌に、
「とうさんがオマエ、女の子ねんから、やっとけって言った」
と、激怒していました。
「女も男も関係ないやろ~、なあ、かあさん!」
「ほんまや、ほんまや、そんなんセクハラや!」
サッチーがんばれ!パパに怒ってやれぇ~。。。。
いや、ぜったい、我が家はおかしいやろ?
なんなん、うちの男達は!!!
と二人で盛り上がったわりには、それで終わった。。。

所詮、女の私たちは世話好きなのだ。まあ、いいか・・・。
サッチーさまさま、感謝しています。ありがとう。

yumin

姫よさ!

3日の日曜日はひょこむよさこい踊り子隊で、姫路のよさこいまつりに出ました。
あの、ほんまに、びっくりなんですが、
このチームのメンバーの本名、ほとんど知りません。
どこの人かも知りません・・・・。
なのに、盛り上がって、いっしょに踊れちゃうのです。
めっちゃ、不思議です。

ひょこむは兵庫県の地域SNSで、みなさんインターネットを通じて
お友達となり、オフ会で、はじめて顔を合わせ、お話するという感じです。
しかし、この踊り子隊は、べつに自己紹介も名刺交換もなく、
いきなり、踊りの練習からはじまり、数回の練習と、
ひょこむ内の動画で自宅練習して、
本番はじめて、全員そろって踊る驚異的なチームだったのです!

でも、祭り出演準備やお世話をすべてしてくださった方、
振り付けや指導をしてくださった方、当日、サポート隊で駆けつけてくださった方、
しつこいですが、どこのだれともはっきりわからないのですが、
みなさんのおかげで、このように感動する一日をおくれたことを心より感謝します。

人と人って、よい加減がいいのです。名まえも住所も肩書きも関係ないのです。
人と人って、いつもいっしょにいなくてもいいのです。
人と人って、必要なときにつながればいいのです。
人と人って、いざとなればすぐに仲良くなれちゃうものなのです!

yumin

理科好きsouちゃん「ロボット教室」の巻

今日はsouちゃんと、加西市の伊東電機さんのロボット教室に行きました。
まず、朝から私は道を間違え、15分遅刻。
でも、社員のみなさんはなんていう丁寧な対応!
こんな会社に息子を就職させたいわ!という親の気分でした。

「梵天丸」という車のロボットを組み立て、
動き方をプログラミングするというのが内容でした。

ふつう、ロボットキットを買おうと思えば、数万円は当然なので、
教えてもらって、おやつまでいただいて、この値段はすごく感動しました。

さて、souちゃん、午前中の組み立てのときは、
慣れない手つきで、小さな部品をさわっていましたが、
なかなかうまくいかず、指導の方にやってもらっていました。

が、午後から、パソコンを使って、動き方のプログラムを
つくり、実際に動かすのはとても楽しそうにしていました。

梵天丸


しくみは、私もよくわかりませんが、感心するばかりです。

souちゃんは、今もとなりで、
「かあさん、はよ、梵天丸ダウンロードしてよ~」と言っています。

yumin

学習会

昨日は加杉野を創る会の2回目の学習会でした。
テーマは「播州織」
この学習会をするにあたり、なかなか進まずにいました。
原因はたくさんあるのですが、「播州織」は地場産業である前に、
一事業主の商売であるので、まちづくりのように
みんなで力を合わせて・・・ということがそう簡単にはいかないようなのです。
また、商売とは無関係の人たちにとっても、特に聞きたい話ではないようでした。
私もこの仕事につくまでは、「播州織の学習会」と聞いても
参加しようとは思わなかっただろうと思います。

けれど、どうしてもこの学習会をすすめたいといってくださる方がいて、
実現しました。

参加されたみなさんがどう思われたかはわかりませんが、
私は本当にたくさんのことを知ることができたし、
いくつかの問題点もあげることができました。
整理したら、ずいぶんといい資料ができるのではないかと思います。

西脇の人たちは、「もう、播州織もあかん」と思っている人が多いと思います。
実際のところも生産数なども想像以上に減少して、落ち込みはひどいです。
でも、私は、西脇の子どもたちに、そのことをマイナスに伝えたくはないのです。
「先人が築いてくれた歴史を受け継いで、守りたい。その灯を絶やさないために
勉強して、帰ってくるぞ!」
というような子どもを育てないといけないと思います。

なんかめちゃめちゃ力が入ってますが、
それがいちばん大切だと思います。

たぶん、播州織に限らず、どこのどんな地場産業も同じだと思います。
いいお話をしてくださったSさんに感謝です。

yumin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。