スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省しきり・・・

11月3日の発行予定だった広報紙の発行を延期した。
2年目になり、一応ひととおり昨年してきたことなので、
およその見当がつくようになったし、
手抜きができるようになったといえばそうかもしれない。

思慮深く考えた上での構成であり、レイアウトではなかった。
安易な気持ちでつくっていたのかなあと反省しきり・・・

それだけではない。。。

仕事ができていないことへの悔しさ。
何かに熱中することで、やっぱり仕事がお留守になるのかなあ。

また、今後は気を引き締めて仕事するように、しばらくは・・・。

yumin

スポンサーサイト

青少年をネットから守るには・・・講演会

17日の午前中、小野で開催された
「ケータイネットから子どもたちを守りましょう!」
という講演を聴きに行った。

先々週、職場の事務所にこの関係の講師をされている方が
お見えになって、この話をされているのを聞いたので、
大体の話の中身の見当はついたが、
やはり怖かった。

私も子どもたちもPCは、取り合いで使っているし、
ネットもみんな好き勝手に見ている。
オンラインゲームもしているし、
ネットショッピングもしているし、
ブログもHPもある。。。

講師の先生は、
「学校ではこの指導ができないのです」と言われた。
こういうサイトは見てはいけないとか事例を出すと、
ほぼ全員がよけいに興味本意でみるだろうということだ。
それはいえる。つまり、家庭での根本的な教育や見守りで、
ネット被害から守らなければならないということだ。

帰ってきたら、お兄ちゃんとsouちゃんはオンラインゲームを
しており、サッチーはPCで小説を読んでいた。
手短に、ネットは怖いから気をつけるようにと
してはいけないことをいくつかあげた。

すると、souちゃんはちょっぴり恐がり、
サッチーはそんなアホなことするわけないし~といい、
お兄ちゃんは大体あやしそうなのはわかるやろ~と言った。

要するに、人を信じることに慣れているかいないかという経験がすごく大切に思えた。

講演会で、すごくためになったのは、
結局、大切なのは「家庭教育」であること。
子どもたちを守るのは家庭だ。

それに加えて、できれば国でもっと厳しくとりしまってほしいと思う。

ちなみにこの講演会は22日には明石で開催されます。

恐怖のタンク山!

水曜日の駅伝練習は、
車の随行がなかったので、通称タンク山にみんなで行って、
筋トレ?をしました。数え切れない階段の昇降です。
指導者さんいわく、
「手すりはもたないで、足をあげて、のぼれ~!」
ふーん・・と思っていたら
「yuminさんもどうぞ・・・」
えっ!私もするの?

中学生は5往復、小学生は3往復。
私は2往復したら、足ががくがくでした~。

そうして、今日は筋肉痛で、歩くのがたいへん。
2日目に出たかあ・・・。

souちゃんは、「タンク山の日は練習いかへん」と
断言しています。

まだまだ始まったばかりの駅伝練習です・・・。

笑っちゃいけない~命がけの生きがいづくり

日の連休、
夫の母がうちの家のウラにある柿の木に柿がたくさんなっているのでとってほしいと言った。
義母は8年ほど前に脳梗塞になり、口と頭は達者だけれど、
体が不自由なのだ。
お兄ちゃんに、「おばあちゃんが柿とってほしいって」
と言ったけれど、いやあな顔をするので、
どうせうちではあんまり柿食べないし、だいたい渋柿やし・・・。
と放っておいたら、夕方になって、また義母は言ってきた。
「あんた、柿とってくれたか?」
「えっ、いや、その、まだ・・・」
「明日も休みやろ。明日はとっといてよ!」

しかたなく、月曜日の朝、柿の木に登り、のこぎりで
枝を切り落とし、柿を50個以上はとった。

でも、途中で2回も木から落ちた。1回目は足をすべらせて、
2回目は足を踏み外して、どちらもケガするほどのことは
なかったけれど、途中でこわくなって、枝きりはやめた。

義母と同世帯の義姉に、
「お母さんが柿をとってほしいというので、とりました」
と報告すると、にっこり笑って、
「渋い柿をあわせて、散歩がてらに近所にもってくのは、生きがいやから」と。

うん。私もそう思う。
全く意味のなさそうなことでも、生きがいやと思ったら、許せる。

でも、柿とりはけっこう命がけだった。もう1回落ちると、ホンマにケガするかもしれへん。いくら生きがいでも、柿とりしてて木から落ちただなんて、あんまりにも情けない・・・。

でも、たぶん、義母の目は、次はキーウィの木にいくだろうと思う。
どうしよう~。。。。。

yumin

今年もはじまった!

祭りが終わると同時に、
うちの集落では、町内一周駅伝の練習がはじまります。

歴代、うちの村の子は足が速い!
んでもって、毎年優勝する。

中学生が主な選手だから、小学生から鍛える。

指導してくれている人は本当に熱心で、
感心する。
村のため、子ども達の体力作りのため、
がんばってくれているのだから、
みんなで応援したいと思う・・・
けれど、村は高齢化、若い人はいそがしい・・・

私なんて大して役に立たないけれど、
協力したいと思う。
村の小学生から高校生までが集まる
練習に行くと、子どもたちの様子がわかって楽しい。

今年は運動嫌いのsouちゃんも参加するという。

私もがんばって毎日参加しよう!

yumin

ユニクロ

昨日の新聞にユニクロが8月決算で「増収増益でひとり勝ち」と出ていた。
先月だったか、ファッション雑誌を買ったら(サッチーにせがまれ)
ナント、ユニクロの特集ページがあって、びっくり!
ユニクロもブランドなんや~。

といいつつ、私も最近、ユニクロが好きです。
スポーティなインナーも好きだし、仕事着のスラックスもユニクロです。

デザインはシンプルで、着心地がいい、体にフィットする、
それがとてもいい感じです。洗濯機で洗えるし~、安いし~!

でも、本当は できれば、made in japanがいいです。
最近はなかなか見つかりません。。。。

yumin

特別支援教育シンポジウム

兵教大では、souちゃんが帰ったあと、
特別支援教育のシンポジウムに行きました。

昨年11月に新聞に、「特別支援教育の個別の教育支援計画が三割弱の学校でしか策定されていない」という記事が出て、どうなっているんだろうかととても気になっていました。

兵庫教育大学が北播磨5市1町の教育委員会の後援を受け、
このシンポジウムを開かれるということ、教育大の教授の先生方の話が聞けるということで、
たいへん興味をもって、参加しました。

けっこう席は空いていまいsたが、
参加者は小中・特別支援学校の先生から、幼稚園教諭・保育士さん、
そして、福祉や保健・医療分野の方から行政担当者など、
多様だったと思います。

加東市の教育・保健・福祉3分野が連携したサポートファイルづくり、
三木市のあんしんコーディネーターとあんしん相談、
この両市の取り組みには聞き入ってしまいました。
ヨカッタ!私はホンマに特別支援教育のことが市町でどう取り扱われているのか
心配だったんだから・・・!

それから、大学の先生の教育分野・医療分野・福祉分野の短くまとまった
話も聞きやすく、特に福祉の先生のお話は印象に残りました。

久しぶりに勉強したぞ!という気がしました。

おわりに、特別支援学校の先生や地元の加東市の校長先生のお話、
東播磨のお話がありました。

私が4年前、発達障害のことを調べるのに右往左往していた頃に比べると
はるかに支援状況はすすみ、さまざまな連携がとれてきていることに、
感動しました。

閉会時に、司会の教育大の先生が、これはこのまま続けて行きたい講座だと
言われていたので、「案内ください」と名刺をわたして帰りました。

いい話や情報を得た日は何とも気分がよろし!

yumin
 

兵教大ファミリーイベント!

今日は兵庫教育大学の30周年記念事業のひとつである
ファミリーイベントがありました。

前からsouちゃんを連れて行ってやらなきゃあ。。
と思っていたので、朝からはりきって出かけました。

まず、スズを溶かして、液体にしたもので、形をとり、
角をとって、磨いて飾りをつくりました。
私は穴をあけてもらって、ペンダントにしました。

安いので、銀の代わりに使われるそうです。

兵教大イベント

次に!
リモコンカーに部品をつけて、操縦し、
フィルムケースをゴールに運ぶというゲームをしました。
souちゃんは、これにはハマり、すごく楽しそうにしていました。

兵教大イベント2


無料でこんな遊びをさせてもらえるなんて、めっちゃラッキー!

souちゃんはお昼にパパと帰りましたが、
午後からは親子の行列ができてました・・・・。

むらの祭り

昨日はうちの集落の秋まつりでした。
手作りの子どもみこしが3体・・・村の中を歩きます。

お兄ちゃんの頃はけっこうにぎやかだったのに、
子どもが半減、さみしくなりました。

毎年のように、子ども少なくなったことだし、
少し立派な子ども御輿を購入して、1台で、村を歩けば・・・
という意見が出たりしますが、
長老の皆さん方にすれば、
貧しかった村で、みんなでがんばって作った御輿であり、
ささやかな祝いの祭りであり、
その思いをなくさないでほしい・・・のだと思います。

どうやったら、その思いが子どもや若い人に伝わるのか
考えどころだといつも思います。。。。

田舎の集落の課題ですよね。。。


秋まつり20081
こんなとこで何してるの?souちゃん?

秋祭り20082

地域SNS家庭教育支援・・・実行委員会

1回目も2回目も参加できなかった実行委員会に、
やっと参加できて、とてもうれしかったです。

ひょこむには毎日ログインしてますが、
見逃しているトピや書き込みもあり、
よくわからない部分も多く、何を言えばいいかわからず、
発言はうまくできませんでしたが、
web上ではわからなかった皆さんの思いがわかり、
本当に参加してよかったと思いました。

ひょこむの中には、本当にいろいろな人がおられるというのはすごいことで、いろいろな人がいるからこそ新しい発想が生まれるのだと思います。

これをまとめていくこと、コーディネーターさんのお仕事は、だれにでもできるわけではないので、本当に大変だと思います。

次回の実行委員会も楽しみにしています。

yumin

小学校参観日

今日はsouちゃんの学校の人権がテーマの参観日でした。
souちゃんの学年はろうあ者の方にきていただき、
質問したり、ジェスチャーゲームをしました。
言葉がなければ、どれほど伝わりにくいかを
みんな実感したようでした。
でも、ろうの方は生活で特に不便なことはないと言われ、
これも慣れなのかなあと思いました。

そのあと、子どもたちといっしょに講演をききました。
平日でしたが、保護者の参加も多かったです。

高校体育大会

昨日はお兄ちゃんの高校の体育大会を
観に行きました。
はじめて、生徒達の姿を見ました。
入学式から、参観日も文化祭もマラソン大会も
なーんにも生徒たちの姿見てなかった。
私は昨年PTAの役員で、今年は夫。
で、行事になるとお手伝いが多くて、実際には観られない。

生徒たちの元気で明るい姿を見て、すごくうれしく思いました。
団結しているクラスは手作りのクラス旗も
応援もバッチリでした。
あと、先生の着せ替えリレーもおもしろかったです。

体育大会


私は綱引きに参加しました。

高校生っていいなあ。。。
でも、大人に近いほど、先生ってたいへんだなあ。

スーパー似合わない?

この間、スーパーの前で、
知り合いの人に出会ったら、次の日電話で、
「あんたみたいにスーパーに似合わん人おらんなあ」
と笑われた。

私だって、一応主婦で、家事もしてます。
それに、高校生と中学生と小学生の母で、学校行事にも出てます。
仕事も。。。けっこう楽しいし、自分のやりたいこともたくさんやってます。

しんどいときもあるけど、どれも満足感があるし、やりがいがあるし、楽しい。バランスが大切です。

スーパーが似合わないということは、ワーキングウーマンが板についてるってことかぁ?と喜んでしまおう・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。