スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バッテリー』

お兄ちゃんが小6のとき、あさのあつこの「バッテリー」を買った。当時少年野球をしていたお兄ちゃんも読んだ。ⅠとⅡを買って、ⅢとⅣは図書館で借りた。

映画化されて話題になったころ、読書好きのサッチーに、読んでみたらとすすめた。サッチーはあっという間にⅠとⅡを読んでしまった。ⅢとⅣも早く読みたいといったので、図書館に行ったけど、当然、いつも貸し出し中だった。

そうだ!文庫本が出てたんだと思い、ⅢからⅥまで買って、サッチーにわたした。2日で読んでしまった。それ以来・・・まだ懲りず、毎日読んでいる。自分の好きな場面やおもしろかったところを、souちゃんに毎日のように語っている。

「巧って、めっちゃカッコイイよなあ」とサッチーが毎日言うから、「母さんは豪のほうが好きやけど」と言って、自分の子どもが巧ならちょっと考えものだと思う。

「バッテリー」は子どもの読む本だなあと思う。巧みたいな子どもいる?いや、ぜったいいないよ。中学生がそこまで人の心わかる?現実はもっと子どもだと思う。子どもがここまで完璧に描かれるから、子どもは好きなんだなあと思う。

私が「バッテリー」で好きなところは、岡山?の背景と方言と、たった10日間の話で1冊になるという時間の流れ。時間がゆっくりと流れる中で、巧と豪がお互いを必要と思う静かで熱い心を見つける。芸術作品だなあと思うから、あんまり俗っぽいイメージはもったいない。

昨日、お兄ちゃんが「オレ、感想文、バッテリーで書こうかなあ」というから、「あれは子どもの読む本やん。」と言ったけど、お兄ちゃんがバッテリーのどういう感想文を書くのかとっても興味ありますねぇ。

ついでに、サッチーは本ばかり読んでないで、早く宿題終わらせてください!

yumin
スポンサーサイト

テーマ : 宿題終わらへんねん・・・・・゜・(PД`q。)・゜・ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。