スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章依存

最近、パソコンの調子が悪くて。
夏休み中に昼間は子どもたちが使い、夜は私が使っていると、一日中、つけっぱなしで、パパに暑いのによけいに暑い!と怒られて、しばらく家ではパソコンから離れていました。その間に、なんだか調子が悪くなって。
ついこの間までは、パソコンにつまっているデータは「私のすべてだ」とか、「パソコンがなければ生きていけないんじゃないだろうか」とか、「もし、データを全部消失したら、私はいったいどうなるんだろう」と思っていました。

でも、しばらく、家でパソコンしなくなり、Pi-chiクラブのこれまでのデータが保存できると、もう、あとはなくなってもいいやと、思えてきました。
パソコンにはPi-chiクラブのデータだけでなく、いろいろなグループやPTAなど団体の文書やチラシの原案、文芸作品、写真・・・ありとあらゆる私が作った文書が入っています。でも、なくなっても、私には変わりないなあと思いました。

実は、パソコンの前は、もし、私が右手を使えなくなったら、生きていけるだろうか?自分にとっていちばん必要なものは紙と鉛筆だと思っていました。

いつか、私の中にあるたくさんの引き出しやポケットにつまっている記憶、それとともに感情や背景、想像を整理して、文章にしたいなあと思います。パソコンより有効な材料があると思っているんですが・・・これいかに?

yumin
スポンサーサイト

テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。