スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろと考えてしまうこと

この間、事務所に来られた方が「格差社会」の現実を仕事柄まざまざ感じるとお話された。うちのセンセイにその話にこられたのかと思いきや、センセイには用件だけを話され帰られた。
私の世代・・・親に頼らず生活しているほとんどの人が、家計が苦しいと仕事をしている。しかし、大した仕事ができるわけでもなく、時間的にも余裕がないほど仕事をしても収入はしれている。

前にも書いたけれど、生活保護が打ち切られ餓死した人がいる一方で、不正的な受給を受けて生活している人もある。そういう人がいるんだから、審査はきっちりやって厳しくして当然だと・・・・裕福な人は思うだろう。

これだけ情報化された世の中になって、田舎も都会もないほどなのに、田舎はますます衰え、ますますいろいろな負担や不便が生じるようになる。

中小企業はハイスピードの世間の流れについていける経営をしなければ、なかなかむずかしい。社員の待遇など考える余裕もないだろう。

こんな社会を動かしていかないければいけない行政にはお金がない。将来お金ができるということも考えられない。

退職金をもらって、これから悠々自適に暮らす団塊世代の人たち。ますます子育てがむずかしくなるのに、子育て能力をなくす若い世代。生きる力を持たない子どもたち。

こんな世の中で、私は何をすればいいんだろう。私は今、こうして、ここにいることが私のすべきこと・・・ではない気がする。もっと、勉強して、何かヒントを見つけたいのに・・・と思う。

yumin

スポンサーサイト

テーマ : ちょっと不満↓ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。