スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃんと説明しないといけないデス

私は小児科の問題について、多可町で地域医療の検討委員会にでておられた方にきいたときも、西脇でだれかに聞いたときも、みんな臨床研修制度の改正で地方から医師が減ったと聞いたので、小泉さんがよっぽど悪い制度をつくって、地方を見捨てようとしてるんだと思ってました。

つい、最近までそう思ってました。
でも、そうではなかったのですね。医師の働く権利を考えたとき、それは当然の制度だったのですね。地方がいくら、何を言っても、この制度は元には戻れない。つまり時代にそくした制度であるということで、今まで方がおかしかったということだと思います。

これを機に、住民は医師に対する見方を変えなければならないし、どうすることで医師が地域の病院にきてくれるかを見極めないといけないということなのです。

これは行政の仕事なんかじゃないです。住民の仕事です。行政の仕事は住民をどう誘導し、どう啓発していくかです。

やっとわかりました。これはぜったいしなければいけないことです。行政は国に責任転嫁せずに、住民にちゃんと説明して、リーダーシップをとらないといけないです。

yumin
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。