スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミリーコーディネーター

昨夜、なんだか家族がぎすぎすしていた。
お兄ちゃんはパパに昨日同じことばかり言われて気分が悪いと
ご機嫌ななめだし、サッチーはお兄ちゃんに八つ当たりされるというし、
私はお腹が痛くて、体調不良なのに、いそがしくて、これまた不機嫌だった。
お互いに愚痴を言い合って、みんな、自分がいちばんかわいそうだと思っている。

・・・・そうだったんだなあ。
家族ひとりひとりの愚痴を受け止めていてくれたのは
ばあちゃんだったんだなあ。。。としみじみ悲しくなった。

いっつも台所のすみっこのイスにすわって、
私のぶつぶつを聞いてくれていた。
お兄ちゃんは私やパパに叱れると、ばあちゃんの部屋に夜遅くまでいた。
学校から帰ってきて、学校であった出来事の不満を
夕飯の支度をしているばあちゃんにしゃべり続けていたのはサッチー。
仕事から帰ってきたパパには、夕食の給仕をしながら、
毎日のようにパパの両親の話をしていた。

同じ家に住んでいても、ずっと長いこといっしょに暮らしていて
性格も何もわかっていても、一人ひとりの個性があって、
わがままを言いたいこともある。

いつも穏やかで、のんびりしていた我が家はみんながどこかで
愚痴を言いながらも我慢しているから、ほのぼのしていたのだなあと思った。

私とお兄ちゃんとサッチーがそれぞれに自分の愚痴を言っても、
一方通行で、ちっともすっとしない。

ばあちゃんは我が家のコーディネーターだったんだなあと改めて気づいた。
これから、どうなるのか・・・。

yumin
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。