スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンパスとsouちゃん

souちゃんは限りなく不器用で、また、自尊心が強くて、
人に笑われるのがたまらなく苦痛なため、できないことは
がんとしてしない子です。

こういう子にどうやって、苦手なことをさせるか・・・
という“やりがい”をおおいに持たせてくれるsouちゃんです。
教師志望だった私にとってたいへん、ありがたいことかもしれません。

1年生のときは、ピアニカに苦労しました。
夏休みや冬休みに、何とかおだてて、練習させて、
やっと、弾けるようになりました。一度できると自信もち、
何度かやったら、できるんだという安心感もできて、
どうにかクリアしました。
(まだまだできないことはほかにもあるんですが・・・)
3年生ではもちろん、リコーダーができません。
これは練習してやる機会がなかったので、
まーったく、吹けません。
春休みに、これではいけないと思い、
教科書のリコーダー導入から、練習しました。
すぐに熱を出してしまったので、少ししかできませんでしたが、
何とか、最初の曲はできました。
アホみたいなことですが、
souちゃんは自分の出す音が友達の出す音とまったくちがっていたため、
それだけで、やる気をなくしていたようでした。
練習して、1曲間違えずにできて、
「友達と同じ音が出せた」というものすごい自信ができたようでした。

さて、新学期、一週間も休んだsouちゃん、
先生がもってきてくださった連絡の中の「コンパス」というのを見つけて、
私はまた、危機感をもちました。
「たいへんだ!コンパスの練習せなあかん!」

お兄ちゃんとサッチーに、
「コンパスでマルがかけない子っているよな?」
と聞くと、
「そんなん、おるわけない」
「じゃあ、最初はみんななかなか書けへんかったやんな?」
と言うと、
「最初からだれでもかける」
と冷たい返事が・・・・。

案の定、souちゃんはなかなかマルがかけなくて、何度も、何日も練習して、
やっと、かけるようになりました。

souちゃんは学校にいって、算数の時間におおいにがんばっていたそうで、
今日、先生から話を聞いて、胸をなでおろしました。

できないからいけないのではなくて、
自信をなくして、
「どうせボクはできないんだ」とあきらめてしまうこと、
できないことは知らんぷりをとおしてしまえばいいんだと
思ってしまうことから脱却して、
努力は報われること、やればできるということを
自分で習得することを身につけてほしいと
思います。それには繰り返しその体験が必要です。

それにしても世話のやけるsouちゃんです。
でも、子どもがみんな世話のやけない子どもなら、
親は成長できないから、たいへんありがたいことです。

yumin
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。