スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテキョ先生

高校が進学校でないので、まわりが受験勉強をしていないし、
大学には行きたいもののあまり実感のないお兄ちゃんを見かねて、
パパがカテキョを契約しました。
パパってすご~いと感動してしまいました!!

お兄ちゃんは最初、そんなこと勝手に決めてくれるな!と
怒っていましたが、カテキョ先生がとてもいい方だったので、
素直に勉強しています。

先日、部活の総体が近く、お兄ちゃんは時間になっても帰ってこないし、
パパも帰ってこないので、
私がカテキョ先生とおしゃべりをしていると、
なんと、先生も私と同じ時期に同じ大学の通信で
教員免許を取得されたそうで、
すっかり話がはずんでしまいました。

先生は自分の経験をもとに、進路に悩みながら勉強する中高生に、
どうやったら勉強が身につくかを指導されているようで、
ただ、勉強を教えるということだけでなく、
将来のことを考えることもアドバイスしてくださるようで、
本当によかったなあと思います。

また、お兄ちゃんをみていて、
「経済学部めざすより、小学校の先生なんかあってるように思います」
とおっしゃるので、お兄ちゃんにいうと、
妙に納得するので、本当に、進路変更するつもりかもしれません。

先生は、「とくに何か目指すものができるまで、
フリーターでも浪人でも、本人が見つけるまで
大きく構えていてあげるのがいいと思いますよ」と言われ、
決めないといけないことが目の前にあるから、
必然的に決めるということではなかったんだなあと
改めて気づきました。

子どもの進路を決めるということは、私たちもはじめての経験、
いろいろ勉強になります。

yumin

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。