スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路、ストップ・ザ・医療崩壊 勉強会

今日は朝から、中学校のふれあい行事に参加して、
ドッジボールをしました。
で、その後、souちゃんの絵が入選して
飾られている市の子ども芸術祭を見に行って、
そして。。。
姫路へとむかいました。

今日もいそがしい一日だった。

ひょこむのコミュ
「姫路医療と介護を考える部屋」の勉強会に
行きました。

ちょっと遅れたのですが、
聞きたかった、女性医師のキャリア形成と
小児科医の心の相談診療についての
お話を聴くことができました。

すごく、勉強になるお話でした。
女性医師の話を聞いて、
これって、まさに「ワーク・ライフ・バランス」だなあと
思いました。
情報の共有と仕事の定型をつくれば、
補い合って、うまくいく。。。感心しました。
これは医師に限らず、女性みんなにあてはまりそうです。

さて、児童精神科医は少なく、
全国で100人もいないということです。
それなのに、うつ病と思われる子どもがどんどん増えている
そうです。
いじめで自殺する子はうつではないか、
ちゃんと治療をしていれば、命を落とさなかったかもしれない。
そんな話もありました。

発達障害も最初はすごいとまどいだったと思います。
でも、だんだんその理解と対処がわかってきたので、
うつ病に関しても、教師や保護者にその理解と対処法の
研修などを実施していけば、よいのでは、と思います。

医療の問題は本当に深刻で、
この先どうなるのか、私たち一般住民は
何をしたらよいのかわかりません。
けれど、手探りでも、前にすすもうと努力を重ねられている
姫路の方々はすごいなあと思います。
がんばって、先駆的な活動をしていただきたいです。
今日はありがとうございました。

yumin


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。