スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来をひらく少年会議

今日は北播磨・東播磨の中高生が集う
「未来をひらく少年会議」に参加しました。
500人委員会OB会からお誘いがあり、
子どもの集まるところなら喜んで!!
と引き受けました。

テーマは国際理解・協力「私たちにできること」。
JICAの方の「マダガスカル」の説明を聞いて、
もし世界が100人の村だったら・・・に基づき、
参加の140人の村だったら・・という体験をした後、
グループにわかれてのワークショップをしました。

集まっている子どもたちは、さわやかで、
かわいくて、すごくうれしくなりました。
私たちOB会の役割は、
ワークショップ進行のアドバイザー的なものでしたが、
私はちっとも役にたたなくて・・・
というか、私など必要ないんですもの。
みんなしっかりしているので、
どんどん進めてくれるのです。

帰りにOB会の方とお茶しながら、
「やっぱり子どもだなあと思った」
という話が出ました。
大人がどきっするような的を得た意見があって、
感心もしましたが、
優等生の子どもらしい意見が多く目立ちました。

吸収していく能力が高い子どもたちだからこそ、
カンタンに伝えたくないなあと思います。
本当は学校で長期的に取り組めばいいんだろうなあと思います。
大人よりも子どもの方がはるかに純粋に
国際理解も協力もできそうです。

未来をひらく少年会議


今日会えたみなさん、ありがとう。。。

yumin

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。