スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進路

昨日、パパが職場の同僚の息子さんが学生結婚すると言った。
また別の同僚の娘さんはすでに学生結婚をしている。

私はそばにいたサッチーに、思わず、
「アンタ、結婚したいの?」
と聞いた。
サッチーは「うん!」とにっこり。
「一生、続けて仕事やりたい?」
「そーでもない」

本好きなサッチーは図書館司書として、
図書館で仕事をするという将来の目標をもっている。

でも、同じ図書館で働いても、
国公立の大学で図書館情報学などを学ぶと
国立や県立の図書館で仕事ができるが、
市町や地区の図書館などは、
アルバイト程度の職にしかならないだろうと思う。

女とか男とか関係ないのかもしれないけれど、
サッチーはどう見てもバリバリ仕事をするタイプではない。

となると、現在、「勉強しぃ、勉強しぃ」と怒られるのは
怒られ損だ。どこでもいける高校にいって、あとは資格を
とる方法を考えればいいだけだ。

せっかく大学いっても、すぐヨメに行くんじゃ意味がない。
大学で勉強するということは、社会に役立つ専門知識を得るということだ。
活かさなければ何もならない。

souちゃんは、工業高校に行って、ロボットを作りたいという
夢がある。

小さいうちからそんなことを決める必要もないけれど、
子どもに夢や目標があれば、
それに近づくように、環境を整えてやることが大切なんだと思う。

「勉強しなさい」というだけでは、親子関係を悪化させるだけだ。

パパの一言で、急に、そんなふうなことをさとった。

yumin
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。