スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちの教室

「こころぽかぽかコンサート」の案内と
ひょこむの「子育て情報ポケット」の情報誌をもって、
多可町の子育て学習センターに行った。

いや、行こうと思ったら、
ちょっと予定が変わり、
松井小の「いのちの教室」授業の見学に行くことになった。
子育て学習センターと小学校の協同主催のようだった。

出ようとしたら、
よさこいのお友達が、昨日練習した踊りやその他
私が覚えたかった踊りが収録されたビデオをもってきてくれた。

やっと、小学校についたら、
校長先生は以前黒田庄の教育委員会でお世話になった先生だった。
いろいろとずっと前の私の行動を全部知っておられるので、
非常に恥ずかしい気がした。

さて、「いのちの教室」は西脇市ではどの小学校でも行われているそうで、
私が知らなかっただけ・・・だった。
スライドを見て、助産師の先生は身体のしくみや
子どもが生まれてくるまでの説明をしてくれる。
そして、妊娠中の重さを体験したり、産道を通る体験をする。
最後に子育て中のお母さん方の協力により、
妊娠中のお腹をさわったり、乳幼児とふれあう体験をする。

子育ての先生方や、教室の講師である助産師さんの
熱心な取り組みで、この授業が実現している。

県議会の決算特別委員会で、
学校での性教育を義務づけるように
提案した議員さんがいて、
新聞に出ていた。

今、中学生の娘をもって、
あらためて、その重要さに気づく。
正しい知識と理解が絶対必要だ。

久しぶりに子育ての先生方やお母さん方に出会った。
久しぶりに赤ちゃんに触れた。
幸せいっぱいだ。子育ては幸せそのものだ。
目を細めてみてしまった。

最近、ときどき、子どもたちがみんな大きくなったら、
家の前に赤ちゃんポストを作ろうかとか。。。。
ヘンなことを考えてしまう。

今日は一日、なんかちょっと調子狂うような一日だった。
でも、とっても幸せな一日だった。ありがとう、みなさん。

yumin
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。