スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じたくない現実

souちゃんの学校の人権教育参観日で、
午後から学校に行きました。

朝からちょっと体調が悪かったので、
何とか重い頭をもたげて、
少し遅れて教室に入ったところ、
「souちゃんのおかーさん!」
と呼び止められたと同時に、
「かあさん、なんでくるんよ~」
というsouちゃんの嘆き。

私は唖然としながら、souちゃんのとなりの席につくと
「あってもいいちがいとあってはならないちがい」
について、班で学習しておりました。

子どもたちの意見がまとまらなかったのは2つの問題。
・1つは高齢者と若者のちがい
・もう一つは男女のちがい

souちゃんの班では、
家事は女の仕事と思っている子が2人、
どちらとも言えないという子が1人、
男もするやろというのがsouちゃん。

えっ?え~っ!え~~~~~っ!
私が子どもの頃ならまだしも、この時代の
子どもでも家事は女性の仕事と思っているなんて!!
しかも、souちゃんの班だけでなく、
先生の必死の導きにも
大きな反応がなく、
みんな「家事はお母さんやおばあちゃんがする」と
思っている様子。

ひじょーにショックです。

souちゃんも、最初は男もするべきと
思っていたはずなのに、
「男は働いて、ご飯つくってくれる人がいなかったら、
コンビニで買えばええんや!」
という意見にうなづきはじめ、
えっ!え~っ!

こんなもんか・・・男女協働参画とか何とか言って、
なんも普及してないじゃん!!

今に見てろ!

そんなことを言ってるると
彼女なんかできないからね!
結婚相手見つからないからね!

家事なんか女のすることやと言った男たちは
将来、自分が如何にまちがっていたかを
思い知ることになるんだから!

yumin

ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4,5,6年生)へ
にほんブログ村

FC2ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。