スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝ても覚めても

講演会から帰って、
心配していたサッチーがわりと元気に
文化祭を終えて、帰宅したこと、
うれしくて。

話をしながら、夕食の用意をして、
さて、仕事の懇談会にむかった。

懇談会阿から帰宅して、食事の片付けや洗濯物を片付け、
ブログを書き終えると、
そのまま、寝てしまった・・・・ら、朝だった。

早朝目が覚めると、とつぜん、山口Drの話が甦ってきた。

「頑張ればできる」「大丈夫」「そんな子はいっぱいいる」
たくさんの言葉が頭の中をぐるぐるした。

クリニックで教師をされている先生の
不登校の子どもに対する支援の話もうんと心に残っていた。

なぜ、みんな同じでなければいけないのか。。。

~~~

文化祭で、人権作文の発表を聞いたサッチーが

「私は人権で障害者のことを取り上げる方が差別だと思うねん」

と言った。

せやのにな、みんな、「障害の人はえらいと思う。
もし、私がそんなふうになったら、そんなに強くなれない」って
発表するねん。

私の感覚はほぼサッチーといっしょだから、
私も全くもってそう思う。

「障害というのは、まわりの人が決めている」

山口Drのその言葉に、なるほどそうだと
大きく感心した。

今の時代に生きる人は、出来るだけ広く人間の特性について
理解できる範囲をもつことが必要だ。

「障害の人こそが、フツウでない、変わり者だといわれてきた人こそが
これまでの人間社会を救い、支えてきた」

それも、そのとおりだと思い、
また、慰められる言葉として受け止めた。

これからの将来、私もサッチーも
変わり者として、思われることも多いと思う。
けれど、そういう自分を知り、
どういう位置づけならば、自分も人も傷付かず
生きていけるのかを日々考えていかなければいけないと思う。

そんな自分でも支えてくれる人がいることに感謝しなければ
ならないと思う。

寝ても覚めても、感動は覚めやらなかった。

yumin

にほんブログ村 トラコミュ 不登校問題の考え方と支援のあり方へ
不登校問題の考え方と支援のあり方


FC2ブログランキングに参加しています。




スポンサーサイト

コメント

ワンピース

海賊王に俺はなるで有名なワンピース。質問に答えるだけで、自分がどのキャラと同じタイプかが分かり話が盛り上がる事間違いなし!!性別関係なくいつでも楽しめる事間違いないよ。結果が道化のバギーで笑いが取れるかも

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。